「2014年1月」の記事一覧

トランクにカギ入れたまま

自分の知り合いの人ですが、買い物に行った時、その店の駐車場で、車の発進前にトランクに荷物の出し入れをしてました。
取りあえず車のカギをトランクの中に何気に置いて、荷物をいじってたんですが、トランクをバン!と閉めた瞬間、車のカギをトランクに置いたまま閉めたことに気づきました。
 
スペアキーも持ってない。でも家までそんなに遠くないという感覚だったので歩いてカギを取りに帰ることにしましたが、普段車で走ってる道を実際に歩くととてつもなく遠く、2時間以上かかって家にたどり着き、帰りはタクシーで引き返してきたそうです。
 
この人に限らず、カギで困ってる人はこれまで何人も見ました。時々、キーホルダーもつけずむきだしのカギを持ち歩いてる人もいますが、ああいう人って、なくしたことはないんですかね。
 
自分は大昔、家のカギをなくして窓から入ったことがありますが(窓はいつもカギかけてなかったので)、それ以来、車と原付と家のカギはスペアキーを小銭入れの中に入れてます。更に家のカギは、もう一本、家の外の秘密の場所に隠して置いてあります。あんな小さい物でもないと大変困ったことになりますので。

食あたり

もう、結構前ですが、食あたりになりました。出勤して一時間半後に妙に腹が痛くなって、トイレでそうとう苦しみました。何とか数時間で収まったのですが、家に帰ってから、何かまずいものでも食ったかと思って考えてみたら、牛乳がまずかったのかも・・と思って日付を見ましたら、賞味期限を7日過ぎてました。
 
牛乳自体、あまり飲むことがないので、たまに気が向いた時だけ買ってますが、一日か二日おきにちびちび飲んでましたから、日付のことなどすっかり忘れてました。昨日大丈夫だったから今日も大丈夫という感覚でした。
 
だいたい、賞味期限というのは早めに書いてあるものですが、7日も過ぎるとさすがに当たるんですね。
 
今まで腐ったものを食べて当たったことは何回もあります。若い頃は食べる時に鼻をつく異臭がしても、もったいないからと思って我慢して食べて食あたりというパターンが何回もありました。
いい勉強になったと思います。危ないものは食べないことですね。

今月の月刊ボディビルディング。2014

今月25日発売の月刊ボディビルディングの巻末の方に「2013全国ボディコンダイジェスト(東北北海道・秋田・中四国・香川・北区オープン)」として去年の中四国の大会が掲載されていますが、自分がネットにアップしていた写真を採用してもらいました。
 
12月に連絡をもらっていましたが、「本が完成しましたらお送りします」とメールをいただいておりまして、発売と同時に贈呈本として送ってもらいました。名前を載せてもらいまして感謝感激です。タイトル2012年になってますが、2013年です(^_^;)
 
編集長及び編集部の皆様、どうもありがとうございました。
表紙は去年広島にストレングスジムをオープンした、重岡寿典さんです。

2014-01-26gekkanbodybuilding-chushikoku01

2014-01-26gekkanbodybuilding-chushikoku02

2014-01-26gekkanbodybuilding-hyoshi

ワサビ

揚げ物にワサビかカラシをつけて食べるのが好きで、気が向いた時にこんな感じでつけて食べてます。これはワサビですが、カラシもこんな感じです。
もちろん毎回こんなことしてるわけじゃありませんが。
 
ワサビは、寿司や刺身につけて食べる時には少しの量でも、ツーンとしてすごく辛いのですが、こういうものにつけると辛さが激減して、これだけつけても、ちょっとツーンとくるくらいで、まだ刺激が弱いくらいなのが不思議です。
油と混じると、刺激が極端に減るんでしょうか。

2014-01-24tonkatsuniwasabi

岩国米軍基地のベンチプレス大会をアップしました

18日の土曜日に行われた岩国米軍基地のベンチプレス大会をアップしました。
 
ボディビル選手権大会・結果レポート
 
英語表記だったので、名前の漢字の分からない人はカタカナにしました。日本名の漢字と英語名の日本語発音は分かり次第修正します。
選手、関係者の皆様、どうもお世話になりました。
 
写真は基地で買ったお菓子です。アメリカ製のものが珍しいので、基地に来るといつも食べ物を買って帰ります。お釣りはドルで来るので、それはまた次回持って行くつもりです。

2014-01-22beigunkichi-okashi

岩国米軍基地ベンチプレス大会

昨日の岩国米軍基地ベンチプレス大会から昼過ぎに帰って来ました。昨日はホテルのチェックアウトの時間を13時にしてもらって、夜の3時ごろまで起きてました。さっき写真の整理と名簿の入力がだいたい終わったところです。
 
どうもお世話になりました。大変楽しいひと時でした。記念撮影には、真ん中の後ろに自分も写らせてもらいました。
結果の方はまた後日アップしたいと思います。

2014-01-19iwakuni-bench01

2014-01-19iwakuni-bench02

2014-01-19iwakuni-bench03

2014-01-19iwakuni-bench04

2014-01-19iwakuni-bench05

2014-01-19iwakuni-bench06

歯医者2回目

歯医者2回目でした。
やっぱり虫歯があるということで削られました。「痛かったら左手を上げて合図して下さい。」と言われましたが、手を上げて一時的に中断しても、やられるものは最後までやられるわけですから、結構痛かったのですが、手は上げずに耐えました。
 
今日は3本治療ということでしたが、一回当たり3本ずつだったら10回くらい通わないといけないようです。次はまた一週間後です。

2014-01-15haisya2kaime

血圧計

定期的に血圧を測るようにと、親が血圧計を買って持って来てくれました。
計ってみましたら131-86で、正常っぽかったのでほっとしましたが、ネットで見ましたら、
 
「自宅では気分がリラックスして血圧が低くなるため正常値は低く設定されています。」
 
ということで 125/80未満が正常値と書いてありました。病院で計る時と自宅では基準が違うとは知りませんでした。じゃ、やっぱり高血圧。
 
去年冬の会社の健康診断では、上が155でちょっとびっくりしましたが、あの時は会社まで原付で行って、一番最初に行ったものですから、まだ暖房入れたばかりの寒い部屋で服脱いで、寒さに震えながら測ったのでそうだと思いますが、何か計る時によってかなり違います。でも高血圧であることは確かですね。。。

2014-01-14ketsuatsukei

ダイエットマニア

過去一回だけ話す機会のあった60代の男の人。話をしてみるとかなりのダイエットマニアで、これまで流行ったダイエット法はほとんど試してみたと言ってました。
身長は多分160cmくらいで、だいたいこの30年間、体重は80kg前後だとか。
 
「これまでテレビや雑誌で紹介されたものはほとんど買ってきた。昔のぶら下がり健康器から、ルームランナー、エアロバイク、乗馬マシン、サウナスーツ、締め付ける腹巻き、スレンダートーン、レッグマジック、ビリーズブートキャンプ・・(と、いっぱい名前を上げてましたが他は忘れました)
 
ダイエット本も100冊以上はあるし、ダイエット食品も山ほど買ってきた。でも、どれもダメや。4~5kgは落ちるけど、すぐ元に戻る。」
 
「じゃ、大分お金使いましたね。」
「いちいち計算してないけど、30年やってるから何百万だろうね。ダイエット食品なんか、継続して買うとかなりかかるんよ。」
 
「今でもその器具とかって全部使ってるんですか?」
「いや、どれも使わなくなったんで、一つの部屋にまとめて置いてある。おかげで一部屋つぶれてる。」
 
ダイエットホームジムというか、ダイエット器具の博物館というか、そんな感じになってるらしいです。ダイエット業界にすれば、恰好のお客さんではありますが、それだけ金を使えるというのが羨ましくもあります。
 
もう会うこともないですが、今でも、絶対最近の流行を試してるような気がします。
 
最近のダイエット器具や食品では「効果がなかった場合には全額返金します。」という全額返金保障制度が普通になっていますが、あれは、本当に苦情を言ってきて全額返金を求めるような人は、ゼロじゃないにしても、ほとんどいないそうで、それでメーカー側も結構強気な発言をしてるらしいです。
 
彼の結果はともかくとして、その情熱はすごいと思います。

ベンチプレスの手袋

下松トレーニングジムも日曜の朝は結構多いのですが、平日の朝、8時30分のオープンと同時に行くとさすがに誰もいなくて、9時に1人来るまで自分だけでした。
 
ベンチをしましたが、シャフトを持つのはラックから1cmくらいのところを持っていたので、置く時に少しズレて、手袋の端がシャフトとラックの間に挟(はさ)まれました。こういうことは過去何回もありましたが。。
 
もう片方の手を使って、そ~っと脱がせてシャフト持ち上げて回収しました。破れると嫌なので(^_^;)。
 
昔、違う施設で、これと同じタイプのベンチ台でやってた時に両方の手袋が挟まったことがあります。あの時は、その上に、トレーニングルームにいたのは自分だけという状況で他に誰もいませんでした。地方の施設ではインストラクターも誰もいないということはよくありますので。。
 
何分か待ってたら誰か来るだろうと、両手を差し上げたまましばらく待ってましたが誰も来なかったので、しょうがないので片方の手袋を犠牲にして、端っこをちぎって片方を脱出させて、もう片方を回収しました。

2014-01-09training-tebukuro

1 / 212
サブコンテンツ

このページの先頭へ