京都の福知山に到着しました

京都の福知山に到着しました。ここは会場のある市島(いちじま)駅の二つ向こうの駅で、チェックインしてから会場までは行きませんでしたが、市島駅まで行ってみました。
とても緑豊かな、コンパクトで、地元住民のふれあいがあるような駅で(^_^;)、自分の行った時間にはすでに窓口はカーテンが閉まってて無人駅になってました。
 
見える範囲には住宅はありますが、店はありませんでした。
 
駅前に並んでいるタクシーは二台だけで、二台とも運転手の人が降りて談笑してました。
こういった場所に、明日、真っ黒に日焼けした、いかつい男たちが大量に現れると、運転手の人も何事かと思うでしょう。
 
泊まってるホテルはカード式の鍵ではなく、昔ながらの鍵穴に突っ込むタイプで、晩飯買って、部屋に帰って来た時、自分は711号室なのですが、710号の番号が見えたので、その一つ向こうの部屋の鍵穴に鍵を突っ込んでも鍵が回りません。
 
ちょっとむかついてガヂャガチャガチャッと激しく回して、ドアのノブもガチャガチャ回して何回もドアをゴンゴンと引っ張っても開かないので、ふと部屋の番号を見るとそこは708号室で、部屋を間違ってました。すぐ走って角を曲がって隠れました。中から人が出て来て、インネンつけられると嫌なので。というか、言われてもしょうがないんですが。
誰も出てこず、安全を確認した後、部屋に帰りました。

2013-09-21ichijimaeki01

2013-09-21ichijimaeki02

2013-09-21ichijimaeki03

2013-09-21ichijimaeki04

1 / 11
サブコンテンツ

このページの先頭へ