オールジャパンフィットネスに行ってきました。

大阪のメルパルク大阪で行われましたオールジャパンフィットネスに行ってきました。土日と二日間に渡って行われますが、二日で出場者は500人以上という超大規模な大会です。

本日・初日はゼッケンは286番までありました。しかしさすが大阪で、進行は極めてスムーズで特にトラブルもありませんでした。
司会はJBBFの角田(つのだ)さんがメインでしたが、選手の登場の呼び出しや表彰式は正道会館の角田(かくた)信明さんで、ダブルの司会でした。角田さん、空手のイメージが強いんですが、ステージでの言い回しや迫力はまさに芸人で、すごくうまい司会に驚きでした。
大規模だけあって終了は19:15ごろでした。どうも皆様、お疲れ様でした。

各部門とも、オーバーオールは無しで、3位以上の選手には、ボディビル日本選手権と同日開催の、フィットネスジャパングランドチャンピオンシップスの出場資格が与えられます。オーバーオールはその時に決定されます。

●メンズフィジーク(40才未満168cm以下級)

1位・寺島遼(東京)
2位・岡典明(香川)
3位・木村拳太(東京)
4位・西崎空良(大阪)
5位・高橋雄志(埼玉)
6位・西村広和(東京)

●メンズフィジーク(40才未満172cm以下級)
1位・久野圭一(東京)
2位・上松康一郎(滋賀)
3位・佐村直紀(東京)
4位・吉野智也(神奈川)
5位・近藤公利(山梨)
6位・山本流聖(愛知)

●メンズフィジーク(40才未満176cm以下級)
1位・佐藤綾(福島)
2位・梅田亮(東京)
3位・澤原魁門(香川)
4位・長澤秀樹(埼玉)
5位・辻大成(東京)
6位・山形秀幸(栃木)

●メンズフィジーク(40才未満176cm超級)
1位・直野賀優(愛知)
2位・小泉憲治(神奈川)
3位・坂本充史(和歌山)
4位・上田夢希(東京)
5位・酒井紳伍(長崎)
6位・シェレン・イースン(東京)

●メンズフィジーク(50才以上級)
1位・上中一司(大阪)
2位・安田一恒(愛知)
3位・新保政信(石川)
4位・位田智司(大阪)
5位・副島直樹(滋賀)
6位・稲生恵司(茨城)

●ビキニフィットネス(40才以上160cm以下級)
1位・吉嗣奈津希(福岡)
2位・澁谷美和子(神奈川)
3位・天野悦子(神奈川)
4位・内藤香(東京)
5位・鈴木里美(愛媛)
6位・川島可奈子(兵庫)

●ビキニフィットネス(40才以上160cm超級)
1位・長瀬陽子(東京)
2位・藤島加奈(福岡)
3位・野坂茜(福井)
4位・鈴木亜砂の(東京)
5位・北村真紀子(愛知)
6位・白石千賀子(東京)

●ビキニフィットネス(45才以上160cm以下級)
1位・関根秀子(東京)
2位・太田美貴子(京都)
3位・徐曼(じょ・まん)(福岡)
4位・石井文子(東京)
5位・井上詩子(沖縄)
6位・大保るみ(兵庫)

●ビキニフィットネス(45才以上160cm超級)
1位・箭内真由美(埼玉)
2位・梅田久美子(埼玉)
3位・田村美知世(徳島)
4位・斉野陽子(東京)
5位・森明子(兵庫)
6位・西口芽衣子(大阪)

●ミスフィットネス
1位・椎名智香子(東京)
2位・丹羽裕子(京都)
3位・成岡はるみ(千葉)
4位・鈴木光代(宮城)

●メンズフィットネス
1位・津川隆幸(大阪)

2019-08-31all-japan01

2019-08-31all-japan02

2019-08-31all-japan03

2019-08-31all-japan04

2019-08-31all-japan05

2019-08-31all-japan06

2019-08-31all-japan07

2019-08-31all-japan08

2019-08-31all-japan09

2019-08-31all-japan10

2019-08-31all-japan11

2019-08-31all-japan12

2019-08-31all-japan13

2019-08-31all-japan14

1 / 11
サブコンテンツ

このページの先頭へ