自分が受けた成人式の着物の営業。これって詐欺のような。

着物関連の会社「はれのひ」が、成人式当日に計画倒産。
成人式当日、「はれのひ」の会社に着付けをしてもらうために行った新成人たちは、会社の張り紙を見て成人式当日の早朝に倒産を知って着物を着れなかったというニュースが数日前にありましたね。

それで、自分にまつわる着物の話なのですが。

「はれのひ」ではありませんが、とある会社がやっている、成人式関係のサービスがあります。そのサービスとは、

「娘さんの成人式に備えて、我が社で積み立てをしませんか?
月々千円の積み立てが90回で、合計9万円です。その9万円で、成人式当日の着物の貸し出しから着付けに必要な全てのサービスを行います。」

というもの。要するに、その会社としては将来の成人式の着物に関する予約を何年も前からとっておくわけです。

その会社の社員は、この積み立ての契約を取るために、毎日一軒一軒手当たり次第に訪問して、小さい女の子のいる家庭にこの契約を勧めます。

それである日、この会社に勤めているある友人から自分に電話がありました。

「今月、一件も契約取れてないんよ。一件助けて欲しいんやけど、成人式の振袖の契約なんよ。」

と言います。

それで話を聞きましたが、自分には娘はいませんので断ろうとすると

「名前貸してくれるだけでいいから! 金は俺が払うから頼む!」

と言うのでしぶしぶ契約しました。

自分に娘がいることにして、対象となる女の子には「愛花」という名前をつけて年は8才くらいにして架空の女の子を作り上げ、毎月の支払は自分(吉田)の口座から引き落とされます。

それで毎月引き落とされる千円を、彼が毎月、家に持ってくるからというので契約しました。

そしてその翌月、彼は再び家に訪ねて来ました。約束通り、今月の千円を持ってきました。

「約束は守りますよ!」

と言ってましたが、自分としてはいつまで続くかなとは思っていました。

それで更にその翌月、彼はもう来ませんでした。
で、それっきり。

大体、90回(7年半)も、毎月千円持って家まで来るわけがないと思ってましたが、1回で終わりでしたか。

会社自体に架空契約だと苦情を言うことも出来ましたが、顔見知りの頼みなので、それも言いにくく、また、本人にも電話しにくく、というか、もう会いたくなくなったので結局そのまま。

それが2年か3年くらい前になりますが、今度はその会社から通知が来まして「お支払が満期になりました。ありがとうございます。」といったようなことが書かれてました。

途中からすっかり忘れてましたが、結局7年半、自分が払いきったわけです。

これって詐欺といえば詐欺なんですが、というか、完全に詐欺なんですが、あれから何年も経ってますし、彼も当時あんな感じで契約に困っていたくらいですから、もう彼ももその会社にいないだろうと思ってその会社に解約の電話をかけてみました。

そのついでにその人のことを聞いてみましたら、やっぱりもう何年も前に辞めたとのこと。ひょっとしたら自分と契約してすぐに辞めたのかも知れません。

一応、解約成立で、解約返戻金ということで微々たる金は帰ってきました。

自分も訪問営業やってましたから、切羽詰まるのも分かりますが、知り合いに不義理を働くのもどうですかね。

その会社、今ではそういう不正契約は、見つかった時点で即刻解雇になってるらしいです。

ですが今後も知り合いから、買ってくれ・契約してくれは、やっぱりあるでしょうね。

ルービックファースト~ルービックキューブ

1 / 11
サブコンテンツ

このページの先頭へ