交通違反切符

「多分、二度と見ることはないだろうけど捨てるのは不安」といったような、わりとどうでもいいような書類は一応スキャンして保存してから捨てるようにしてますが、そういったファイルを整理してた時に見つけました、昔の交通違反切符。
 
こういうのもちゃんと保存してから捨ててたんですね。ある意味記念品なので。
 
思い出しましたが、これ、いまだにどうも納得いきませんが、捕まったのは原付での踏切の一時停止無視です。
 
この時、ちょうど電車が来ていたので、遮断機が降りてました。
 
自分の前には車が1台いて、2番目が原付の自分でした。
 
それで電車が通過して遮断機が上がったので、前の車に続いて自分も踏切を通過しました。
 
するとその時、いきなり物陰に隠れていたかのような警官が左から現れ、手招きして、いかにも「ちょっとこっちへ来なさい」みたいなアクションをします。
 
しょうがないので、寄ってみると
 
「今、踏切渡る時に一時停止しなかったね。違反だからね。」
 
と言います。
 
「は?、今、電車が通過する前からずっと止まってましたよ。」
 
と言うと「いや、踏切の手前で一旦停止しないといけませんから。」
 
「いや、ですからそれまでずっと停まってたじゃないですか。」
 
と言ったのですが駄目。1台目はいいけど、2台目は駄目みたいなことを言います。
 
それで違反切符。それまでゴールド免許だったものがこれでナシ。罰金6000円。なんか疑惑の違反みたいな気がしないでもないですが。
 
もっともこれが人のことだったら
「いや、数メートルでも走ったら一旦停止しないといけないでしょう。」
と言うでしょうが、自分のことだったら「どうにも納得いかん。」となります。
 
あれ以来、踏切には特に過敏になりましたね。
2017-01-08ihan-kippu

初もうで

毎年のごとく、市内の遠石(といし)八幡宮に初もうでに行ってきました。そしてこれまた毎年のごとく、一回500円のくじを4つ買ったのですが、景品は左から 8等・8等・7等・6等でした。
 
等数によって、微妙にお菓子のグレードが違ってます。
 
新年の運試しは全く駄目でしたが
「人生最大の運は、どうでもいい場面で使われる」とかいう言葉もありますし、ここで今年の運を使わなかったので良かったと思っておきましょう。
2017-01-01toisi
2017-01-01keihin

肩車の子供

大晦日の午前中、下松ジムは、かなりの人でした。休みに入って、みんな午前中にトレーニングして、午後から用事を、という感じでしょうね。
 
自分はその帰り、100円ショップのダイソーに行ったのですが、ちょうど自分が店の入り口まで歩いて来た時、店内から子供を肩車した男の人が店から出るところでした。
 
子供は4才か5才くらいです。
 
そのお父さん、子供を肩車しているものですから、腰を曲げて出口から出ようとしたのですが、それでもその時、腰の曲げようが浅くて、肩車されている子供は、出口の上の部分で、おでこをガツンと打ち付けてしまいました。
 
「痛い、痛いぃぃぃぃーーーっ!!」と子供は絶叫して泣き叫び、そのお父さんは子供をなだめながら自分の横を通り過ぎて行きましたが、びっくりしました。
 
全然知らない人ですけど、これで子供が転落して大怪我とか顔面血だるまになったりとか、そういう光景は見たくないので、多分タンコブくらいで済んで良かったです。
 
自分は今年は、風邪とか痛くなったところはあったものの、何とか無事に過ごせました。来年もこういきたいですね。
過ぎてみれば一年とは、あっという間に感じます。
DSC_0039

ワープロ

パソコンが世間に普及する前、文書作成や印刷といえばワープロでした。
 
ウィキペデアで調べてみましたら、全盛期は1980年代のようで、2001年には、ほとんどの機種が製造終了になっているようです。
 
すでに電気屋から姿を消してかなり経っていますが、うちの実家ではいまだに健在で、母が年賀状印刷に使っています。
 
これは実家の、パナソニックの「スララ」という機種ですが、液晶画面がご覧のように駄目になってしまい、修理してくれるところを探しているというので、とりあえず自分が、説明書に載っていた修理窓口の山口県の電話番号にかけてみました。
 
ですが「おかけになった電話番号は現在使われておりません」の状態。
 
この「スララ」も、やはり20年くらい前のものです。パナソニックの修理窓口も閉鎖されていて、更に、説明書には、修理用の部品の保管は製造中止から6年になります」と書いてあります。
 
昔のものですが、せっかく勉強して使えるようになっているものですから、何とかならないものかとネットで型番打ち込んで検索してみましたら、意外なことに結構ヒットしました。
 
ヤフオクとアマゾンで中古品の出品が何件もあり、それと修理対象にしているワープロの店を二つ見つけました。このどちらかで何とかなりそうです。
 
もう、ワープロを知らない子供もいる時代ですが、自分もパソコン使う前はワープロを熱心に使ってました。自分が持っていたのは富士通のオアシスです。
 
他にも、文豪、書院、ルポという商品もありましたね。
DSC_0037

年賀状

しっかりした人だったら、もうとっくに終わっているでしょう、年賀状。今日から書き始めました。
 
毎年、年賀状印刷ソフトを使おうと思っていながら、ついソフトの勉強や設定する時間が取れず、数も少ないので宛て名は毎年手書きです。
 
メール、ライン、SNSなどで、年始の挨拶を伝えることはできますが、年賀状という郵便物を送るのは社会人の礼儀のようなものなので、この先も永久になくなることはないでしょうね。
 
毎年、郵便局に身内がいる誰かが「年賀状買ってくれませんか」と言って来るのですが、今年はそういうこともなく、普通に必要な枚数だけ揃えました。
 
昔、付き合いで年賀状を200枚買って、そのうちの30枚ほどを自分用として取って、残りの170枚をタダで色んな人にあげたこともあります。余った分を更に人に売るということは、ちょっと出来ませんでしたので。。
2016-12-22nengajo

家のカギをなくす

家に帰った時、カギがなくなってて困ったことがあるか、という話をしてましたら、その相手の「彼」が言ってましたが
 
「家のスペアキーを5本作って、オリジナルと合わせて6本あったんじゃが、そのうちの5本を無くしてしもうた。これが最後の1本じゃ。」
 
とか言いながら、何気に彼がポケットから取り出した家のカギというのを見させてもらいましたが、それは、まさにカギの単体そのものでした。
 
キーホルダーも何もつけず、いつもこの状態でズボンのポケットに入れてるみたいです。それでは次から次から無くしてもしょうがないと思うのですが、これが彼にとっても普通なんでしょうか。
 
自分としては絶対あり得ないですね。小さいものならある程度、色んなものくっつけて大きくしておかないと、なくしそうで不安なので。
一応家と原付のカギの束には小さい鈴もつけてます。
 
大体、カギのスペアを5本作ってること自体、最初からなくすことを前提としているんじゃないかと思いますけど。。
 
一応、自分はスペアのカギは小銭入れに一本と、家の周囲に一本隠してます。最悪でも、家の周りに隠してあるカギで家には入れる予定ですが、怖いのは、何年も経つと隠した場所を忘れる、ということです。
そういうわけでスマホのメモ帳に「どこに隠したか」をメモしてます。
 
しかしその彼も、それが最後の一本なら、早く次の5本作りに行かないと。
 
たまに、ズボンのベルトを通す部分に、鎖とかヒモで、カギとか財布をくっつけてる人を見かけます。あれは昔、それらをなくして困った経験があるからやってるんじゃないかと思います。
2016-12-17kagi

山口県・広島県パワーリフティング選手権をアップしました

12月4日に行われました山口県・広島県パワーリフティング選手権をアップしました。
 
http://cyoshida.web.fc2.com/
 
自分の思ってた日よりも結構遅くなりましたが、ちょっと今週、風邪をひきまして。。
 
あの大会の日の後、ホテルに泊まって帰ったのですが、どうもホテルの窓を開けっ放しにして寝たのがまずかったようです。
 
ホテルの窓って、ちょっとしか開きませんし、カーテン閉めてましたし、エアコンもつけてたので、寝る時には寒くはなかったのですが、結局夜中に寒くて目が覚めました。
 
窓を閉めてまた寝直したのですが、目が覚めると猛烈に体がだるく、鼻の奥がちょっと痛いような違和感があり、そのままするずると悪化。
 
2日くらいは、家でほとんど何も出来ず、ぐたーーっとしてる日がありましたので、作業も遅れました。
 
実家に置き薬があるので、その中から風邪薬を持ってきてもらい、これを一日飲んで駄目だったら病院へ行こうと思ってましたが、何とか回復に向かいまして、今はかなり元気になりました。何かまだ鼻は痛いのですが。。
 
ここ4-5年は、一回の冬で一回は風邪ひいてます。はぁぁ。今回はわりと軽症だったし、今年の風邪はこれで終わってくれるといいんですが。
参加された皆様は、どうもお疲れ様でした。お世話になりました。
2016-12-11kaze-kusuri

「山口県・広島県パワーリフティング選手権」に行って来ました。

山口県防府市で行われました、「山口県・広島県パワーリフティング選手権」に行って来ました。
 
二つの県大会の同時開催で、順位は、それぞれの県において決定されます。
選手として参加された稲田さんや、審判として来られていた増田さんを始めとして、何人ものネット上の知り合いの人と会うことが出来ました。
 
ボディビルの会場の時と同様、まさに「ここでしか会えない人たち」です。
 
下松トレーニングジムから、超新星とも言うべき「重岡さん」が、パワーの大会に初参戦してましたが、全日本レベルの強さを見せてもらいました。
ノーギアでスクワット240kg、ベンチ170kg、デッドリフト290kg。
 
二県合同は毎年のことながら、今年は参加者が例年の二倍に相当する27人ということで、開始が10時30分、終わったのは17時30分くらいの、パワーの中でもかなり長い大会となりました。

皆さん、どうもお疲れ様でした。
2016-12-04yamaguchi-hiroshima-power01

2016-12-04yamaguchi-hiroshima-power02

2016-12-04yamaguchi-hiroshima-power03

2016-12-04yamaguchi-hiroshima-power04

2016-12-04yamaguchi-hiroshima-power05

健康診断についての発言

会社の健康診断が二週間後ということで、事前に記入しておく書類と検便のセットをもらいました。
昔は何も感じなかった健康診断も、歳とってくると血液検査で何か悪い数字が出るんじゃないかと重圧がかかります。
 
ここでふと、記憶をたどってみましたが、健康診断、あるいは健康について、これまでの自分の人生の中で聞いた、ふとどきな発言を、思いつくままに書いてみました。

――――――――――――

・(会社の健康診断の日に所長が、ある社員に向かって言ってました)
「おう、○○さん、検尿コップには、ちゃんと自分のおしっこ入れるんやで!この間みたいに『出なかったから』とかいって、水を入れて提出するなんてことせんようにな!」(言われた人は前回、こういうことしたのか?)
 
・(60代の人。検診結果の封筒を受け取った時に)
「歳とってくれば、悪いところなんか、あって当たり前よぉ。だからワシは健康診断の結果なんて見んのじゃ。もらってもそのまま捨てる。」
 
・(60代後半の人)
「ワシは病院にはなるべく行かんようにしとる。病院に行って、悪い病気でも見つかったらそれこそ恐ろしい。病院に行かんかったら、そんなん知らずに済むわ。怖いから病院には行かんのじゃ。」
 
・(自営業の人。自分の意思で大病院に、健康診断に初めてか何年かぶりかに行った後)
「この間、病院に健康診断に行ったら、散々待たされて、結局病院に行ってから出るまで4時間かかったんですよ。こんなに時間かかるんだったら、二度と健康診断なんか受けません。」
 
とか。

――――――――――

↑しかしいいのか、こういう考えしてて。自分のことでしょうが。
 
確かに自分もプライベートで人間ドックに入ったりとかまではしてないんですが、やっているのは最低限の検診とか結果の把握、それと具合の悪い時には、薬局の薬で終わらせようと思わず、病院に行くということですね。
 
ちなみに一番最後の発言の人だけは最近会った人で、その前の3つは、かなり大昔に交流のあった人です。
 
この3人、今でも元気にしているんでしょうか。と、言うより生きているのか?
 
健康診断もそうですが、どこか痛いとか苦しい時はやっぱり自分で原因をあれこれ推測して悩むよりも病院が確実です。行きつけていたら、やっぱり安心感が違います。
2016-12-01kenko-shindan

聞く人を選ぶ

ある60代の男の人が喫茶店に入って、自分の携帯を開いてみると、いつの間にか全部、表記が英語に変わっていたそうです。
 
しばらく自分であれこれいじってみましたが、全く直し方が分からないので、誰かに聞いてみようと店内を見渡すと、お客は2人組の男がいるだけ。
 
ですが、その2人は見るからにガラの悪そうな怖そうな2人だったそうです。
 
それでも、ものは試しと、その2人組に近寄って行って
 
「ちょいとお兄ちゃんらに尋ねるんじゃが、ワシの携帯が全部英語に変わってしもうてのぉ。お兄ちゃんら、これの直し方分かるかいの?」
 
と声をかけると、1人が
「おう、ちょっと貸してみ。」と携帯を受け取って、わりと簡単に直してくれた後、なぜこうなったのか、まで解説してくれたそうです。
 
自分と話した時、その60代の彼は
「いやぁ、人は見かけによらんのぉ、案外親切じゃったで。」
 
と言ってましたが、それは自分もそう思いましたが、それより気を引いたのが、彼が「見るからにガラの悪そうな怖そうな」と感じた人に、よく質問しに行ったな、と。。
 
確かに人間を外見で判断すべきではありませんし、結果的にいい人だったわけですが、多分、自分だったらそういう人には聞いてないですね(^_^;)。どこか場所を移動して、聞けそうな人を探します。
 
例えば知らない土地へ行って知らない人に道を尋ねるにも、やっぱり人を選んでしまいます。選ぶなら、穏やかそうな顔をした男の人。
 
1人で歩いてる女子高生とかは、話しかけると悲鳴上げられたり警戒されたりする可能性があるので、女子高生は避けて、女の子に聞くんだったら、2-3人が組になってるのを探します。
 
スーツ着てる男だったら仕事で急いでるかも知れないので、こういう人も避けて、のんびり歩いてる人とか、サンダル穿(は)いてるような人を選びます。
 
もっとも、こういった「聞く人を選ぶ」というのも、私生活の中だからこそ出来ることであって、仕事だったら聞く人を選ぶ、などということはなかなか出来ませんけどね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ