探し物の途中で、突発的に片付けを始めてしまった。

ちょっと文章を書く必要上、ある本のことを思い出して
「そういえば、あの本、押入れのダンボールの中に入れたはず。」

と、押入れの下の段に入ってるダンボールを色々開けてみましたら、これもう捨ててもいいんじゃないかという本とか不用品がいっぱい出てきました。

それで流れで押入れの整理を始めてしまい、不用品をまとめたり、捨ててもいい本を束(たば)ねたり、更には押入れの雑巾がけまでしてしまい、大体、本一冊探せば用事が済んだものを突然掃除と片付けまで始めてしまったものですから、2時間くらいやってしまいまして、その後予定していたことが大幅に出来ませんでした。

突発的に片付けを始めたら気の済むまで、区切りのいいところまでやってしまって、時間をすごい使ってしまうことが、たまにあります。
おかげで、押入れの中は随分とスペースが空きました。

捨てる予定の本は、英語辞書とかパソコン用語辞典、冠婚葬祭、手紙の書き方、テーブルマナーなど、調べものをする時に買った本です。

昔は分からないことは本で調べてましたが、今はネットで調べられるので、こういう本も、もういいかなと。。
昔、何回も見直した本であれば、ちょっと寂しい気もしますが、これも時代の流れでしょうか。
2018-01-06katazuke

マキタのコードレス掃除機

1 / 11
サブコンテンツ

このページの先頭へ