自動車学校に3つ行って、やっと普通免許をとった時の苦労

2017-04-01menkyowo-tottatoki今から30年以上前、人生初の普通免許を取ろうと思って入校したのは公認の自動車学校だった。その当時は大学生で、実家の隣の県の大学に行っており、そこで一人暮らしをしていた。

その自動車学校は、大学の近くにあった学校ではなくて、春休みにたまたま帰省した時入った、地元の自動車学校だった。春休みの間に免許くらい取れるだろうと思っていたのだ。

そこで第三段階くらいまで行ったのだが、結局春休みの間に免許を取るどころか仮免の段階にさえも辿り着けなかった。

春休みが終わって大学が始まると、あっちに戻らなくてはならない。自動車学校の方の方は途中だったが、公認から公認の学校だったら転校出来る。地元の自動車学校に事情を話して書類を書いてもらい、残りの金を払い戻してもらい(9万円)、また大学のある県に戻ってきた。

そこですぐどこかの学校を探して転校手続きをすれば良かったのだが、払い戻してもらった金をズルズルと生活費に当てていると、知らないうちに9万円が3万円になっていた。ちなみに期間は半年が過ぎていた。

さすがにあせって、有効期間の終わる前日に受け入れてくれる学校を探したが、どこも予約でいっぱいで、どこも入れてはもらえなかった。

そういうわけで、「入校してから半年以内に仮免を取得しなければならない」という有効期限が切れて一つ目の学校はパァになった。

二つ目は教習所に入校した。一応、真面目に通った。しかしある時、クラブ(柔道)の練習中、肩から落とされて鎖骨にヒビが入ってしまい、しばらく腕が動かせない状態になってしまった。

自動車学校の方には、「ちょっと怪我をして腕が動かせないので、しばらく休ませて下さい。」と電話をしておいた。

その後、ある日何気なくテレビでニュースを見ていたら「本日、〇〇自動車学校が倒産の運びとなりました。」と、報道されていた。「〇〇自動車学校といえば、自分が今、行ってるとこやないか!」

画面を見ると、見慣れた教官が見慣れた場所で、書類や教本を、たき火の中に入れて燃やしているシーンが映っていた。

呆然となったが・・それから何日かして倒産のお知らせのハガキが来た。

三つ目はまた教習所に入った。今度も真面目に通った。さすがに三つ目ともなると気合いも入る。そしてそこでついに仮免まで受けられる段階になった。

ただ教習所なので、試験はその自動車学校の中で・・というわけにはいかず、県の試験場まで筆記と実技を受けにいかなくてはならない。

ちなみに仮免10回・本免7回でやっと免許を取ることが出来た。
仮免10回のうち、3回は筆記で落ちた。

しかしやっと免許を取った時の感動は今でも忘れられない。多分全部で50万くらいかかっている。最初に地元の自動車学校に入校してから、1年3ヶ月と27日後のことであった。

スリムアップスリムシェイク。短期集中10日分。置き換えシェイク。約160kcal。

1 / 11
サブコンテンツ

このページの先頭へ