出勤前、起きてから着替えの時間をゼロにする

ほとんどの人は出勤前、起きて家を出るまで、何をするか大体行動パターンが確立されてますね。顔洗って飯食って着替えて、・・など。

行動の節目は1分単位で、今日は普段よりちょっと遅い・早いと分かります。特に冬は夏よりも多く着るので着替えに時間がかかります。

それで自分が以前いた会社の同僚のことなのですが、この人はあまり清潔とは言えない人で、3-4日風呂に入らなくても平気の人がいました。

酒が大好きで、明日は出勤という日でも、仕事帰りによく飲みに出てました。

それで結構酔っぱらって帰って来ると、もう風呂に入ったり着替えたりするのが面倒くさい。

そういう時は、そのままの格好で布団に入ります。会社帰りに飲みに行ってるのですからスーツです。

ズボンとカッター、ネクタイもそのままで、さらにスーツの上着も着たまま布団に入ります。

それで目が覚めたらそのまま出勤してきます。

これだと、朝の忙しい時間帯に着替えの時間はゼロに短縮できます。

当然スーツもシワシワですが、そういう点はあまり言わない会社だったので。

合理的で生活の知恵ともいえる寝方ですが、普通の人はそういうことはしません。

自分は真似できないですね、というかしたくないですね(^_^;)。

1 / 11
サブコンテンツ

このページの先頭へ