大寒波

大寒波が来ていて、今日のジム内の気温は5℃で、かなり寒かったです。
 
以前、仙台の山下さんが投稿しておられましたが、その投稿日は、今日のようなテレビでも報道される特別な寒さの日ではなく、普通の日で「仙台は気温0℃」と書かれてありましたし、自分のように5℃でものすごく寒がっていてはいけないのでしょうね(^_^;)
 
0℃前後の寒さには慣れていない西日本。
 
自分は上半身に5枚着て両方のポケットに手を温めるためにカイロ入れて、ニット帽で耳を覆(おお)って行きましたが、ジム内に入ると、2014年の山口県新人1位の彼が、タンクトップに短パンでスクワットやってましたので、びっくりしました。
 
おそらく暑くなってきたから脱いだのでしょうが。。
 
「おはようございます、人間の恰好ではないですね。。。」と挨拶して自分も始めましたが、彼の姿とハードさに、随分と気合をもらいました。彼には今年も是非頑張って欲しいですね。
 
DSC_0242

DSC_0240

バランスディスク。不安定な状態が体に刺激を与えます。

40年ぶりの大寒波が来るらしいです

明日から40年ぶりの大寒波が来るとの報道ですが、こちらでは相変わらずの暖冬で、全くその気配がありません。でも24時間後はどうなってるんでしょうか。
 
台風の進路みたいに、寒気が軌道はずれてどっか行って欲しいですね。
 
自分のいるところでは、灯油は毎週日曜日に「北風小僧(きたかぜこぞう)の寒太郎(かんたろう)」のテーマソングと共に、車で売りに来てくれるので、自分で灯油を買いに行くことはないのですが、その車は隣の広島県から来ているので、日曜日に雪になったら多分、来ないだろうと思い、何年かぶりに自分で灯油を買いに行きました。
実家の分と合わせて3缶。
 
何年か前にも、こういった形で車に灯油缶を入れて買いにいったことがありますが、家に着いた時、灯油缶が横倒しになっていて、キャップの締めがゆるくて、トランクに灯油がこぼれてて、当分灯油のにおいが車の中に充満してたことがあります。
 
においがなくなるまで何日もかかりました。灯油のにおいは芳香剤の代わりにはなりませんでした。
 
ですので、今回は思いっ切りキャップを締めて帰りました。
2016-01-23touyukan

ストレッチポール。寝転がるだけでストレッチ。

岩国米軍基地ベンチプレス大会をアップしました。

1月16日の土曜日に行われました岩国米軍基地ベンチプレス大会をアップしました。
どうもお世話になりました。

http://cyoshida.web.fc2.com/

大会サイトで、今使っている「FC2ホームページスペース」が、容量が10ギガしかなくて、それがもうすぐいっぱいになりますので、FC2にメールを出して「容量を増やすことはできませんか?」と聞いたところ、「申し訳ございませんが、そういったサービスは行っておりません。」ということだったので、2016年分から元々借りてたX(エックス)サーバーの方にアップします。

引っ越しではないので、これまでのものと表紙のページは何も変わりありませんが、今年アップするものから http://cyoshida・・というアドレスではなくて http://bodybuilding-report・・というアドレスになって二つのサーバーを使うようになります。

リンク張ってあるので特に注釈書くほどのことでもないんですが(^_^;)
こちらは容量が200ギガありますので、多分一生使えます。

ステッパー ナイスデイ。家庭用ステッパー。運動不足解消に。

岩国米軍基地のベンチプレス大会に行って来ました

山口県岩国市の、岩国米軍基地で行われましたベンチプレス大会に行ってきました。
 
声をかけて下さった方々、どうもありがとうございました。
 
選手の参加賞であるTシャツまでいただきまして感謝の極みです。毎回違ったデザインで、今も着させてもらってます。
 
二枚目の写真は232.5kg挙げたAlderette Gabe選手です。
ここへ来ると、日本人とアメリカ人の体格の違いが分かります。全般的にみんな身長が高いですね。
お世話になりました。ありがとうございました。
2016-01-16iwakuni-bench01

2016-01-16iwakuni-bench02

2016-01-16iwakuni-bench03

2016-01-16iwakuni-bench04

2016-01-16iwakuni-bench05

2016-01-16iwakuni-bench06

2016-01-16iwakuni-bench07

ダンベル5.0kg 2個セット。転がりにくい六角形型。樹脂コーティングで床の傷防止。

家のピンポンの押し方

借家ですが、一応、一軒家に住んでますと、色んなセールスが来ます。ネットの回線変えてくれとか、銀行で口座を開設してくれとか、キリスト教の布教とか、もなみの塔とか。
 
中でもキリスト教が一番多いですね。
 
で、居留守使うこともよくあります。
 
居留守使って出なかったら、配送会社の不在配達票が入ってたりして、「しまった、今の荷物だったのか、出れば良かった。」
ということも結構あります。
 
何か月か前に気づいたのですが、セールスの人だったら、ピンポンと一回だけ押して、こっちが出て来るのを待ってますが、配達の人だったらピンポンピンポンと、いきなり二回押します。
 
これはうちに来ている配達の人だけかも知れませんが、郵便局も佐川も福山通運も、みんな二回かそれ以上押すので、ピンポンの数を基準に出るようにしてます。これって業界が編み出したルールでしょうか。
 
さっきも3回も続けて押すので「荷物か!」と思って出て見ましたら、やっぱり郵便局の人でした。送ってきたのはエディオンのカードの書留だったので、大した荷物ではありませんでしたが、カンが当たったようでちょっと嬉しい感じでした。
 
ちなみに自分も若い頃、訪問販売のバイトを何か月かやってたことがあります。
 
「いかにドアを開けてもらって話を聞いてもらうか」
 
ということに関して、その当時習った訪問販売のテクニックとしては、こういうことを言われてました。
 
相手がドアを開けたらすぐに足を突っ込んでドアを閉められないようにしろ
 
とか、
 
ピンポンを押したらすぐに、相手が出る前に自分からドアを開けて挨拶しろ
 
とか
 
ドアを開けてもらったら、相手がそのドアのノブを持っている手に向かってチラシを差し出せ、そうすれば相手はドアノブから手が離れてチラシを受け取り、体でドアを支えるようになるから、その瞬間、思い切りドアを開けろ
 
とか、
 
一回来た時に留守で、チラシをポストに突っ込んだ家を覚えていて、夕方また来て、そのチラシがポストからなくなっていたら帰って来ている証拠。その時を狙ってまた訪問しろ
 
というようなことでした。
 
実際、自分は習った通りにやってましたけど、今、うちに来るセールスの人はこういうことはしてないですね。紳士的な人ばかりのようで。(^_^;)。
 
苦情などで厳しくなったのかも知れませんが、訪問される側としては、おとなしくていいです。
まあ、昔のやり方が悪質だったのでしょう、自分も「やれ」と言われたからやってましたけど、実際やられる立場からしたら、やっぱりムッとくるでしょうね。

ベンマックス。食物繊維の王様キャンドルブッシュが100%。朝のスッキリをサポート。

サウナスーツは効果があるのか

本来、減量目的の用品であるサウナスーツですが。
 
先日「寒いので、サウナスーツを防寒着にしてる」という人がいて、その人と他愛もない会話をした後、家で「サウナスーツって、いくらくらいするものなの?」と何の気なしにネットで見ていましたら
 
「サウナスーツにダイエット効果はない」
 
と、効果を完全否定しているサイトが結構ありまして、ちょっと驚きでした。
 
「サウナスーツ役に立たない派」の意見の骨子は
(↓これは自分の意見ではありません、念のため(^_^;)。引用を書き直したものです。)
――――――――――
・ダイエットは脂肪落とすもの、減量は体重を落とすもの。サウナスーツを着て運動した場合、大量の汗は出ますが、それは水分であり、脂肪が落ちたわけでありません。水を飲めばまた元に戻ってしまいます。
「減量」にはなりますが「ダイエット」にはなりません。
 
ボクサーなど、階級別の試合に臨む人が計量をパスするために一時的に体重落とすために使うのがサウナスーツです。
 
一般の人がこれを着て運動すれば脂肪が落ちると思ってるのは間違いで、サウナスーツを着たからといってダイエットできるわけではありません。
 
また、大量の汗をかくということは、運動を始めてもすぐにしんどくなり、 Tシャツや短パンなら5km走れるところを、サウナスーツを着て走った場合、3kmくらいでバテてしまって、結果的に少ない運動量になってしまいます。
 
すなわちサウナスーツを着て運動するということは本来できるべき運動量ができなくなるということです。
 
運動するのであればサウナスーツなど着ないで軽装でやる方がよほど多くの運動ができます。
 
――――――――――
これに対して、「効果あり派」の人たちは
――――――――――
 
汗をかくということは、体内の老廃物や毒素を排出するデトックス効果があります。
 
体内の老廃物や毒素が排出されれば新陳代謝が高まり、トレーニングや減食の効果も現れやすく、ダイエットも促進されます。
――――――――――
と、それぞれのサイトで言ってることが全く正反対。
 
否定派の主張も納得できますが、でも実際は「サウナスーツで○か月で○kgの減量に成功しました」とか「○kg痩せました。」と、ブログやサイトで書いてる人が結構いますし、実際にそれで痩せた、という人も大勢いますが、その辺りどうなんでしょうね。

チューブトレーニング。ゴムチューブを使ったトレーニング器具。

一方通行を教えてあげたけど

自分の友人が、一方通行の細い道路を「通行可」の方向から自転車で走っていましたら、反対側から軽自動車が入ってきました。
 
この道路は、向こう側からは進入禁止のはずです。
 
彼は自転車を停めて、両手で×印を作って、その後、手を振って
「ダメダメダメ!」
 
のアクションをした後、両手で押すような動きで
「下がって下がって!」
と、手を動かして相手に合図しました。
 
合図は伝わったようで、相手の運転手も車を止めてバックし始めました。
 
ちょうどその一方通行の道路の入り口までバックした時、自転車の彼も運転席まで追いついて、運転手の人に
 
「ここ、一方通行なんですよぉ。ほら、進入禁止の標識があるでしょう。」
 
と教えてあげたところ、相手の運転手は
 
「いや、これは『軽車両』だから大丈夫!」
 
と言います。確かに「軽車両を除く」と書いてあります。
 
「は? いや、『軽車両』というのは『自転車』のことであって、『軽自動車』のことじゃないんですよ。」
 
と彼は言いましたが
 
「違うよお!『軽車両』ってのは軽自動車のことだよ!あんた、何言ってんの!これは軽自動車だから通ってもいいの!」
 
と、相手が怒ったように言うので、その彼も優しい人だったので迫力に押され
 
「あ・・はい・・すいませんでした。」
 
と謝って、その車の言う通りに道を譲りました。だからその車はそのまま一方通行の逆走をして走り去ったわけです。
 
でも実際は、止めた彼の言い分の方が合ってます。軽車両とは、自転車やリヤカーなどのことであって、軽自動車のことではありませんね。
 
無知に押されて正義が負けたとでも言うか。。
 
この辺りは地方都市なので一方通行も少なく、ああいう思い込みの人でも、捕まることはあまりないでしょう。
 
大阪に行った時、道路の名前は忘れましたが、片側2車線か3車線の道路が全部一方通行になってる道路があって驚いたことがあります。
やっぱり都会は違いますね。
 
こういう道路だったら逆走はあり得ませんし、都会の人の方が正確に標識を理解している人の比率は多いかも知れません。

2016-01-08hyoshiki

スピルリナ久米島酵素。スーパーフードのスピルリナと酵素が同時にとれる。

懐かしいもの

正月に実家に帰った時に、懐かしいものを見つけました。

日めくりカレンダーと軽石(かるいし)です。軽石は、子供の頃、これで足の裏を洗うようにと風呂場にいつもありましたが、実家ではいまだに健在でした。

日めくりカレンダーは年末の挨拶品としてもらって、今でも使っている企業もあるでしょうが、軽石は、とんと聞きませんね。
今の若い人は知らない人もいるんじゃないでしょうか。

2016-01-05himekuri

2016-01-05karuishi

ぷるるん姫・女王様の酵素液。

遠石(といし)八幡宮へ初もうで

正月ということで、例年のごとく山口県周南市 遠石(といし)八幡宮へ初もうでに行ってきました。こういう田舎でもさすがにかなりの人出でした。
 
賽銭箱に賽銭を入れようと小銭入れを開けてみたら、中は159円でしたので、それを全部入れて、願い事だけはいっぱいしてきました。千円札を入れるのは勇気が必要になります。
 
一つ500円のくじを6つ買って開けてみたら、五等が一つ、後は七等と8等でした。五等は洗剤に、後はお菓子に交換しました。実質全部ハズレです。
 
くじに三千円使いましたが、賽銭はケチッても、くじはケチりません。
 
もっとも、正月のくじは
 
いいものが当たったら→新年早々縁起が良い→今年はいいことがある。
全部ハズレだったら→ここで運を使わなくて良かった→今年はいいことがある。
 
と考えます。
2016-01-01toishi

2016-01-01kuji

低糖質クリームコロネ8個。カスタードクリームの大豆粉パン。低糖質食品。

実家に帰省

大晦日なので実家に帰省中です。
 
両親と一緒に晩ご飯を食べて、そのまま引き続いて
「部屋で飲むんじゃろ。」
 
と、母が酒の肴を作ってくれてましたので、それを持って部屋の方に入りました。
 
晩ご飯に続いてさすがにこれは量が多過ぎなので、余った分は明日持って帰る予定です。
 
実家は隣の家ですから、食べ残したまま皿ごと持って帰れます。また来年もよろしくお願いいたします。
2015-12-31jikka

DHC ふっくら健康ごはん 炊きたてパック 十四雑穀配合(160g)。

サブコンテンツ

このページの先頭へ