一方通行を教えてあげたけど

自分の友人が、一方通行の細い道路を「通行可」の方向から自転車で走っていましたら、反対側から軽自動車が入ってきました。
 
この道路は、向こう側からは進入禁止のはずです。
 
彼は自転車を停めて、両手で×印を作って、その後、手を振って
「ダメダメダメ!」
 
のアクションをした後、両手で押すような動きで
「下がって下がって!」
と、手を動かして相手に合図しました。
 
合図は伝わったようで、相手の運転手も車を止めてバックし始めました。
 
ちょうどその一方通行の道路の入り口までバックした時、自転車の彼も運転席まで追いついて、運転手の人に
 
「ここ、一方通行なんですよぉ。ほら、進入禁止の標識があるでしょう。」
 
と教えてあげたところ、相手の運転手は
 
「いや、これは『軽車両』だから大丈夫!」
 
と言います。確かに「軽車両を除く」と書いてあります。
 
「は? いや、『軽車両』というのは『自転車』のことであって、『軽自動車』のことじゃないんですよ。」
 
と彼は言いましたが
 
「違うよお!『軽車両』ってのは軽自動車のことだよ!あんた、何言ってんの!これは軽自動車だから通ってもいいの!」
 
と、相手が怒ったように言うので、その彼も優しい人だったので迫力に押され
 
「あ・・はい・・すいませんでした。」
 
と謝って、その車の言う通りに道を譲りました。だからその車はそのまま一方通行の逆走をして走り去ったわけです。
 
でも実際は、止めた彼の言い分の方が合ってます。軽車両とは、自転車やリヤカーなどのことであって、軽自動車のことではありませんね。
 
無知に押されて正義が負けたとでも言うか。。
 
この辺りは地方都市なので一方通行も少なく、ああいう思い込みの人でも、捕まることはあまりないでしょう。
 
大阪に行った時、道路の名前は忘れましたが、片側2車線か3車線の道路が全部一方通行になってる道路があって驚いたことがあります。
やっぱり都会は違いますね。
 
こういう道路だったら逆走はあり得ませんし、都会の人の方が正確に標識を理解している人の比率は多いかも知れません。

2016-01-08hyoshiki

スピルリナ久米島酵素。スーパーフードのスピルリナと酵素が同時にとれる。

懐かしいもの

正月に実家に帰った時に、懐かしいものを見つけました。

日めくりカレンダーと軽石(かるいし)です。軽石は、子供の頃、これで足の裏を洗うようにと風呂場にいつもありましたが、実家ではいまだに健在でした。

日めくりカレンダーは年末の挨拶品としてもらって、今でも使っている企業もあるでしょうが、軽石は、とんと聞きませんね。
今の若い人は知らない人もいるんじゃないでしょうか。

2016-01-05himekuri

2016-01-05karuishi

ぷるるん姫・女王様の酵素液。

遠石(といし)八幡宮へ初もうで

正月ということで、例年のごとく山口県周南市 遠石(といし)八幡宮へ初もうでに行ってきました。こういう田舎でもさすがにかなりの人出でした。
 
賽銭箱に賽銭を入れようと小銭入れを開けてみたら、中は159円でしたので、それを全部入れて、願い事だけはいっぱいしてきました。千円札を入れるのは勇気が必要になります。
 
一つ500円のくじを6つ買って開けてみたら、五等が一つ、後は七等と8等でした。五等は洗剤に、後はお菓子に交換しました。実質全部ハズレです。
 
くじに三千円使いましたが、賽銭はケチッても、くじはケチりません。
 
もっとも、正月のくじは
 
いいものが当たったら→新年早々縁起が良い→今年はいいことがある。
全部ハズレだったら→ここで運を使わなくて良かった→今年はいいことがある。
 
と考えます。
2016-01-01toishi

2016-01-01kuji

低糖質クリームコロネ8個。カスタードクリームの大豆粉パン。低糖質食品。

実家に帰省

大晦日なので実家に帰省中です。
 
両親と一緒に晩ご飯を食べて、そのまま引き続いて
「部屋で飲むんじゃろ。」
 
と、母が酒の肴を作ってくれてましたので、それを持って部屋の方に入りました。
 
晩ご飯に続いてさすがにこれは量が多過ぎなので、余った分は明日持って帰る予定です。
 
実家は隣の家ですから、食べ残したまま皿ごと持って帰れます。また来年もよろしくお願いいたします。
2015-12-31jikka

DHC ふっくら健康ごはん 炊きたてパック 十四雑穀配合(160g)。

人違い

自分の会社に、自分と結構似た人がいまして、体形は同じような感じで、髪型も短髪同士で同じ、メガネも似たようなものをかけています。
 
先日、会社の中でもほとんど顔を合わすことがない、二階の事務所の人から、その人と間違えられて、違う名前で呼ばれて話しかけられまして、ちょっと驚きでした。
あんまり人違いされたことはないんですがね。
 
東京に住んでる自分の友人が以前言ってたことなんですが、ある日彼が仕事が終わって、駅で電車を待っていた時、全然知らない男の人から
「よう、お疲れさん。」
 
と話しかけられたことがあって、「この人誰?」と思いながらも
 
「はい、お疲れ様です。」と返事を返すと
 
「いやー、さっきは参ったな、○○が突然ああいうこと言い出すなんて。」などという調子で、自分の会社の話をとても友好的にしてくるので、どうも、会社の同僚と彼を間違えている様子。
 
しかし普通、会社の同僚は間違えないでしょう。よほどそっくりだったのか。
 
彼も優しいのか「人違いです」とは言えず、片方が電車から降りるまでずっと話に付き合ったそうです。当然「はい」とか「そうですね」ぐらいしか言いませんでしたが。
 
世の中に自分とそっくりの人が3人はいるという話ですが、それは多分顔がそっくりという意味であって、一般人なら体型までそっくりということはありますが、ビルダーの人だったら顔も体も同じ、はあり得ないでしょうね。

トランポリン93cm。運動不測解消に。耐荷重110kg。

忘年会シーズンでのこと

去年の忘年会シーズンでのことです。
 
ある居酒屋で、ある会社が忘年会をやっていました。10人ちょっとの集団なのですが、これがものすごくマナーもガラも悪い。
 
座敷で飲んでる最中に、ふざけあって蹴りを入れたりスリーパーホールドをかけたり、テーブルに置いてある醤油のビンに吸い殻を入れたり、食べ残しの皿を灰皿にしたり、大声出して騒ぎまくって、店にも非常に迷惑。
 
それで、宴(うたげ)もたけなわの頃、店のトイレの方から「ガッシャアン!」と何か割れたような音が聞こえてきたので、店長が何事かと思い、トイレに入ってみると、洗面所にかけてあった鏡が粉々に割られ、すぐ近くにはトイレの床掃除をするためのデッキブラシが転がっていました。
 
このブラシで鏡を叩き割ったようです。
 
犯人は誰か、考えると、もうこの集団のメンバーとしか考えられません。店長がトイレに向かう最中、この集団のメンバーの何人かは廊下にタムロしてましたし、他にお客はいたものの、そのお客たちといえば、子供連れでほのぼのと食事をしている人とかスーツ姿の会社員とか、紳士的な人ばかりで、そんなことをしそうな人は他に誰もいません。
 
100%間違いないと思い、店長は、その集団の予約時間の終わる寸前まで待って会計の前にその集団が飲んでいる座敷に行き
 
「すいません、帰られる前に確認しておきたいのですが、お客様方が先ほど割られた鏡ですが、修理代は会社の方に請求させていただきますが、よろしいでしょうか。」
 
と言うと、集団たちから
 
「鏡がどうのこうの言う話なんか知らんわ!」
 
「だいたい、何でワシらが割ったと決めつけるんじゃ!何か証拠があるんか!」とか、
 
「あんた、見たんかい、ワシらの誰かが割るところを!」
「証拠出してみいや!」
「割る瞬間を、あんたが見たんかどうか聞いとんじゃ!」
 
と、数人がかりで猛反発。
 
本当に割っていないのなら名誉棄損ということになります。
 
ですが、彼らは
「割っていない」とか「名誉棄損じゃ」とか無実を主張する発言は全くなしで「証拠を出せ」とか「お前は見たんか」とばかり言うので、この会話で犯人は彼らだと確信したらしいです。
 
時間をおいたために全員でとぼけようということでひそかに話がまとまっていたのか、それとも本当に違うのか。
 
ですが、相手が言うように証拠もなければ店側で見た人間もいない。
 
結局押し切られてそのままうやむやになりました。他のお客の手前、鏡が割られただけで警察呼ぶのも呼びにくかったらしいです。
 
確かに証拠もなしに人を疑うのは悪いとは言われますが、この場合どうしてもこの場ではっきりさせておかないと、帰られたら絶対そのままになります。
 
どう考えてもこの男たちしかいないという状況でしたが、押し切られて結局、店側が謝ったのは理不尽な結果に終わったということになるのか、それとも犯人だと決めつけた店が悪いのか。
 
果てしなく黒に近い灰色でも証拠がない。ない以上は口に出すべきではない、ということでしょうか。
 
忘年会シーズンも終わりました。ちょっと前までは、ボーナスの半分が忘年会代に消えるという人もいましたが、年々会社の忘年会は少なくなっているように思います。

背筋矯正ベルト。クロスでがっちり姿勢ホールド。

同じものを買ってしまった

コンビニで興味を引いた漫画とか文庫本。
 
買って帰って読み始めると、何か以前も読んだことがあるような・・?と思って本棚を見たら、全く同じ本を以前買ってました。
こういうこと、しょっちゅうあります。
 
レンタルDVDを借りる時も、以前借りたのと同じものを借りることがたびたびあり、DVDの場合は
「お客様、こちら以前借りられてますが、よろしいですか?」と聞いてきますね。
 
すでに借りていたことを忘れていて、同じものをレジに持って行ったと認めるのは恥ずかしいので
「いや、いいんです。」
といつも言います。
 
あれ、なんで聞いてくるんですかね、余計なお世話だと思いますが。(^_^;)
お客の方から「同じものを借りようとしたのに、店員が教えてくれなかった。」
と苦情言ってくる人もいないと思うんですが。
 
自分の知り合いで文庫本マニアの人がいて、次から次へと本を買って読んでる人がいます。
 
その人が忘れて同じ本を買った時、数十ページ読んでから、以前買ったことがあると気づいたことがあったそうですが、読んでる最中は
 
「何か今後の展開が分かるけど・・テレビで見たんだっけ、何かでこの話、知ってるけど、何だったっけ」と思いながら読んでて、はたと気づいて、全く同じ本を以前買ってて、全部読んでたとようやく気づいたと言ってました。
 
ちなみに自分はそこまでの経験はありません。最初の2-3ページで気づきます。

揉まれるフェイスマスク。お風呂で本格小顔整体。

インストラクターへの質問

とある、大手のスポーツジムのインストラクターをやっている人がちょっと嘆いてたことだと、人づてに聞きましたが、何百人といる色んな会員さんが、しょっちゅう、そのインストラクターの人に
 
「ベンチプレス何キロ挙げられますか?」
 
と、聞いてくるとか。
 
これまで聞かれた数は、もう何百回にも達するほど。
 
他にも色んなマシンにおいて、「これは何キロ挙げられますか」と、頻繁に聞かれて参る、と。
 
会員とすれば、指導をする人がどれだけの重さを挙げられるのか興味津々なのでしょうが、聞かれる方はたまらないですね。
 
ふと思いましたが、同じジム内でインストラクターの人がトレーニングをしていたら、ちらちらと見て重さのチェックをしている会員さんも多いのではないのでしょうか。心の中で「勝った負けた」と思ったり。
 
それって自分のトレーニングをしながらも、常に別のプレッシャーを感じることです。
 
インストラクターの人が全員パワーリフターやボディビルダーではありませんし、この世界が好きだから就職先として選んだ人もいるでしょうし、この辺り、聞いて初めて知った仕事の重圧なんですね。

プレミアムツイストエアロステッパー。フィットネスクラブが作ったステッパー。

外部の人間が見下したような発言をする

自分の住んでいる市内に、会員が非常に多いスポーツクラブがあります。
 
夕方から夜にかけてはいつも駐車場がいっぱいで、入り切れなかった車は駐車場の外に順番に並んでいます。空車のスペースが出来るとゲートが開いて、何台かずつ入れます。
 
駐車場の順番待ちの光景はしょっちゅう見かけます。
 
とある二人のおばさん(多分両方60代)が、このスポーツクラブの「駐車場」のことについて話題にしてました。会話からしてこの人たちは、このスポーツクラブの会員ではありません。
 
ハタで聞いてて、非常にムカついた発言が2つ。
 
「よく並ぶわねぇ。私だったら並んでまで運動しようなんて気には全くならないわ。並ぶ人の気が知れないわねぇ。」
 
「あの駐車場、いつもいっぱいだけど、世の中、ヒマな人が多いんじゃねえ。運動しにわざわざ来るなんて。」
 
大体、ほとんどの人が仕事しながら通って来ているというのに、ヒマつぶしにきているような言い方。
ヒマなら、お前らの方がよっぽどいっぱいあるだろうがっ、とは言いませんでしたけど。
知らない人だったので。
 
こういうことに関心のない人の意識ってこんなもんですかね。
 
人が好きでやってることとか真面目にやってることに対して、その世界を何も知らない外部の人間が見下(みくだ)したような発言をする、というのは、例えそれが自分のことではなく、他人のことを言っている場合であっても、聞いてるだけで超不愉快です。

バランスディスク。不安定な状態でバランスをとることにより体幹に刺激を与える。

忘年会での礼儀

忘年会シーズンたけなわですが、ある会社での忘年会。
それは、会社の人だけではなく、取引先のお偉いさんも招待した忘年会でした。
 
その場では一番偉い「部長」が、乾杯の時に
 
「おう、全員好きなもの注文せえ。何食って何飲んでもええぞ。」
 
と言うので、今年入ったばかりの新入社員が言われたようにメニューを見て
 
「これとこれとこれをお願いします。それと焼酎は芋でお願いします。」
 
と、結構好きなものを注文し、その場は楽しく終わったのですが、日曜日も終わって週が明けて会社で先輩社員に会った時に言われました。
 
「お前らなー、お客さんがいる飲み会で『好きなもの注文せえ』と言われたからって、ほんとに好きなもの注文するなよ。
 
お任せしますとか、何でもいいですというのが礼儀だろう。全て上の者に合わせるのが社会の礼儀。自分の自由を主張するな。今度から気をつけろよ。」
 
と。
 
会社ではよくありますね、こっちの人がいいと言うからその通りにしたのに、こっちの人からダメだと言われる。よくありがちなストレス。
 
「じゃ、どーせいいうんじゃ!」ということになりますが、その辺りの判断力が優れている人が上から好かれて礼儀をわきまえている社員とみなされるということでしょうか。
 
会社の雰囲気にもよるでしょうが、礼儀とは難しい。上の人が言うことを真(ま)に受けては駄目な場合もあるということでしょうか。

ルルド マッサージクッション。クッション内のもみ球でマッサージ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ