店員に間違えられた時

トライアルに入って、服を見ていたんですが、自分の場合太っているので、まずサイズを見ます。一枚取ってはサイズと形を見て戻して、また次の一枚を見てまた戻して・・というようなことをしていたら、横の方の方から
 
「おい、おい!ちょっとお前!工具とかはどこにあるんじゃ!」
 
と、声がしたのでその方向を見てみると60過ぎくらいの、いかにもガラの悪そうな男が自分に向かって話しかけてきました。
 
多分自分が、カッターにネクタイ姿で、服を取ったり戻したりしてたから、店員が服を整理しているものだと間違えて聞いてきたんでしょう。
 
これまでもネクタイ姿で店内を歩いていた時、店員と間違えられて聞かれたことは何回もあります。
 
ですが、今回はそのモノの言い方があまりに横着だったので、こっちもカチーンと来て
 
「店員じゃないわっ!」
 
と言い返してしまいました。で、言った後に「しまった」と思いましたね。相手も怒ってインネンつけてくるんじゃなかろうかと。
 
気が小さいもので一瞬びびってましたら相手が
 
「はい・・すいませんでした。」
 
と言って去って行ったのでほ~っとしました。
 
ビビるくらいなら最初から言い返すなって感じですが(^_^;)、つい、言葉に出てしまう時ってありますよね。
 
でも、この男、どこの店に入ってもこんな態度なんでしょうね。
2016-02-28trial

水道の蛇口

洗い物をする時に流しの水が飛び散ってしょうがない上に、一本の水では、流し全体を洗う時も、お盆とか箱とかちょっと大きいものを洗う時も超不便。
 
何かいいアイデアはないものかと考えて、ホースをつけて、その先端にシャワーヘッドをつけてみました。
 
シャワーヘッドは、一本の水とシャワーの切り替えつきで、シャワーヘッドにつけたホースでは細くて水道側に入らなかったので、もう一回り太いホースを買ってきて、それで継ぎ足しました。
 
こうすると、流しのすべての部分に水がかけられ、大きいものを洗う時も自在にかけられるので超便利。
 
自分では素晴らしい作品だと思ったのですが、こうして見ると、完全に素人細工で不格好。載せるのもみっともないですが、でも便利になりました。
2016-02-25suido

偽装入院

自分の知り合いが、交差点で信号待ちをしていました。前にはトラックが一台。その時突然、後ろからすごい衝撃がきて、彼の車は前に跳ね飛ばされました。
 
居眠りしてた後続車が、友人の車に追突して跳ね飛ばされたわけです。彼の車はそのまま前のトラックに突っ込みました。ですから、前も後ろもぐちゃぐちゃです。
 
前のトラックの運転手が降りて来て
 
「わりゃ、居眠りかーっ!」
 
と彼に詰め寄りましたが、彼は「違う、違う、後ろ後ろ!」
 
と後ろを指差すと、トラックの運転手は
 
「うおーっ!」と声を上げ、そのまま何も言わなくなりました。
 
事故処理が済んで何日か経った時に聞いたのですが、そのトラックの運転手は一週間ほど入院したそうです。
 
先頭にいて、あのくらいの衝撃で入院するような怪我になるはずもなく、なんで?って感じですが。
でも、入院保険は出るでしょう。
 
こういう話はよく聞きます。自分の嫌いな男で、些細な事故だったにも関わらず、一ヶ月入院した男もいました。
 
また、別のケースですが、信号待ちで追突されて、その人は大怪我ではなかったのですが首が痛くなったらしく、
「これはチャンスじゃ。せっかく当ててもらったんじゃけぇ、活用せんと損じゃ。」
と、何やら喜んでる様子でした。
 
事故に巻き込まれたイコール「金」と思うのも、色んな人間に共通した意識でしょうか。
では、自分はそんな時どうするかといえば、気が小さいので(^_^;)、多分怪我の具合も正直に伝えて保険屋さんの言う通りでしょう。後でごたごた揉めたり恨みを買いたくないですし。

フリーの写真素材サイト

何か月か前からですが、フリーの写真素材サイト「ぱくたそ」の「人気の写真素材・企画」→「ボディビル企画」の中に、NPCJのボディビルダー井若芳郎さんが登場してます。
 
https://www.pakutaso.com/
 
「フリーの写真素材サイト」というのは、(ユーザー登録が必要なところもありますが)、基本的に、そのサイトに載ってる写真は、無料で誰でも自分のサイトやブログに使っても良い、という、版権なしの素材サイトです。日本にも20くらいあります。
 
全国のアマチュアカメラマンからの投稿によって成り立っていて、写真を投稿した方も、誰かのサイトに使ってもらえれば嬉しいですし、使う方も助かる、という仕組みのサイトです。
 
風景・花・動物・怒ってる・苦しんでる・台所仕事・引っ越し・掃除の場面など、基本的に文章の挿絵(さしえ)とか、トップ画像に使われることを前提とした写真なので、カワユイ女の子ばかりが掲載されている写真集とはかなり違います。
 
人物写真も多いので、これらの写真は自分でモデルを務めて投稿してるんじゃないかと思います。
 
「ぱくたそ」はその素材サイトの中の一つですが、多分ボディビルダーでこういった素材サイトに登場しているのは井若さんだけじゃないかと思います。

2016-02-20pakutaso01

2016-02-20pakutaso02

2016-02-20pakutaso03

2016-02-20pakutaso04

歩きスマホ

携帯いじりながら、スーパーに入ろうとしてたら、ガラス戸にぶつかりそうになって、直前で気づいて何とか止まることが出来ました。
 
このままごちんとぶつかっていたら、付近の人の目もあって大恥です。
 
自分が以前いた会社では、休憩所の部屋が、ガラスで囲まれていたのですが、(多分新人の人だったのでしょうが)、そのガラスに気づかずそのまま歩いてきてガラスに激突して、ガラスが粉々に割れるという出来事がありました。
結構虚弱なガラスだったようで。
 
破片で顔などを切ったみたいで、労災になったかどうかは不明ですが、ある程度綺麗なガラスだったら、その存在に気づかないということはありますね。
 
以前、亀を飼っている人の水槽を見たことがありますが、亀はガラスの存在に気づかず、水槽のガラスに鼻をくっつけたまま、すたすら前に泳いでました。爬虫類ではガラスが分からないんですね。
 
この、ガラスにぶつかった人が爬虫類と同レベルとは言いませんが、ぼけっとしていたら誰でも起こり得る事故です。
 
特に最近では、歩きスマホで、人や自転車とぶつかったり駅のホームに落ちたりする人もいるとか。歩いてるから、少々は安全だとは思わないことでしょう。
 
去年、東京に行った時、ノートパソコンを左手に持って右手でキーボード打ちながら駅の階段昇ってる人を見ましたが、それも熟練者の技術ではありますが、結構危ないことかも知れません。

内視鏡の検査

大腸の内視鏡の検査を受けてきました。なるべく年に一回は、と思ってはいるのですが、去年は受けなかったので、一年8か月ぶりです。
 
相変わらず、病院に行く前に飲む下剤がきついですね。
1.2リットルの下剤を7回に分けて飲みながら、間で水を700cc飲みますので、2リットル近くを飲むようになります。
 
時間は10分ごとにコップ一杯の量を飲むようにと説明書にありましたので、自分は何とかその通りにできましたが、これだけの量、全部飲めない人もいるんじゃないかと思います。
2016-02-16gezai

新型インフルエンザバスター

自分の会社では、この冬、三人の人がインフルエンザにかかりました。いずれの人も、何日も会社を休むこととなってます。
 
事務所でこういうのを使っていると、見せてもらいました。
 
「新型インフルエンザバスター」
「光触媒 抗ウイルス ウイルス分解 5万分の1に力価低下」
 
インフルエンザ防止用のスプレーのようで、初めて見ました。ここにあったということは、結構有名な商品なんですかね。
 
中身はすでにカラになっていたので、気持ちが分かるようです。
 
果たして効果のほどは。
 
自分も去年の4月だったと思いますが、大風邪をひいて3-4日寝込んだことがありますが、病気はホント苦しいです。
 
普通に生活していても、ある日突然訪れる風邪やインフルエンザ。かからないように祈るばかりです。
DSC_0245

白紙のメール

ここ最近、三日続けて白紙のメールが合計で4通来ました。もちろん件名にも何も書いてません。
 
何年か前、初めてこういった白紙メールを受け取った時には、誰かの嫌がらせか、恨みでも買っているのかとちょっとビビッて、あれこれ考えたことがありますが、要するにこれは、実在するアドレスかどうかを調べてるメールなんですね。
 
何でこういうことをするかといえば、要するにメールアドレスを集めてネットでビジネスやってる会社とか個人に売るためです。
 
メールアドレスを自動で作成するソフトがあるようで、最初に、それで何十万何百万と作った架空のアドレスに白紙のメールを送信します。
 
存在しないアドレスだったらメールが返ってきますが、返って来なかったメールは、偶然実在していたということです。
 
実在していることが判明したメルアドは何万件かまとめて販売されます。
 
多くの人は自分の名前をベースにメルアドを考えてますから、メルアドには大体ありがちなパターンがあって、吉田(yoshida)だったら名前の後ろに数字をつけるとか(yoshida124)、間に-(ハイフン)を入れるとか(yo-shi-da)、そういう色んな規則に基づいて名前やありがちな単語をベースにメルアドを大量生産していくと、結構な確率で「当たり」が出るそうです。
 
それでそのリストを買った会社や個人から一方的に未承諾広告、いわゆる迷惑メールが届くようになる、という仕組みですね。でも、まともな会社はこういうことしません。するのは怪しげな会社だけ。
 
このメールは差出人がezwebになってますので、au携帯からでしょうか。
 
送信元のアドレスがしっかり入ってますが、以前も書きましたが、送信元のアドレスは、その書き換え方を知っている者だったら簡単に偽装出来るそうで、携帯のアドレスだからといって、携帯から送信しているとは限りません。
 
この送信元のアドレスも誰かから盗ってきたアドレスじゃないですかね。
 
苦情はこのアドレスに行きますから、本来の持ち主はびっくりです。ここにはデタラメなアドレスを設定してた方がまだ人情味があります。
 
自分も以前、「自分のメールアドレス」から宣伝メールが来たことがあって驚いたことがあります。
 
こういう大量のメールを送る作業、下請けの在宅ワークでやってる人もいて、相場は一件1円だとか。でもこれで月に50万稼ぐ人もいるという話です。
 
全ての怪しいメールは、返事を出したりしないで反応しないことしか対策はないようです。
迷惑メールは永久になくならないでしょう。でも大昔よりは明らかに減ってるような感じはします。
2016-02-11hakushi-mail

スーパーの買い物カゴを持って帰る

夜、市内のスーパーに買い物に行った時、車から降りて建物に向かって歩いていましたら、一人の男(見た目50代)が、
 
「店内に置いてある買い物カゴ」
 
に、食品やらお菓子をいっぱい入れたまま、店から出て来て、駐車場に向かって来ました。
 
「まさかこの人、買い物したものを店のカゴごと持って帰る気か?・・いや、でも自分のマイカゴかも知れないし。」
 
と、などと思いながらすれ違いざまに、そのカゴを見てみると、しっかりと店の名前が書いてあり、色も店内にあるものと同じ。
 
時々店の名前入りのマイカゴを販売してるところもありますが、店内にあるものとは色が違います。これはまぎれなく店内に置いてあるカゴ。
 
遠目で見ていると、やっぱりカゴごと助手席に乗っけてそのまま走り去っていきました。
 
「あー、ホントに持って帰った。」という感じでした。
 
後でネットで「スーパーの買い物カゴ 持って帰る」というキーワードで検索してみると、「教えてgoo」「YAHOO知恵袋」で結構ヒットしまして
 
質問者の人からは
 
「スーパーの買い物カゴを持って帰るのは犯罪ですか?」
 
「車に積んでいたスーパーの買い物カゴをたまたま警察官に見られ、『このカゴはなんだ。』『カゴをもってきてるのは窃盗』と言われ、警察署に連れて行かれて調書や指紋、写真まで取られ窃盗微罪で処理されましたが、スーパーの買い物カゴを自宅まで持ってきただけで窃盗微罪になるのでしょうか?」
 
といった質問が上がってました。
 
回答者のほとんどは「犯罪です」「あなたが悪い」といった形で答えてましたが、店名入りのカゴを車に乗せているのをたまたま警官に見つかって、警察署に連れて行かれた経験のある人が他にも何人か、書き込みしてました。
 
そういったやり取りの中で、以下は、印象に残った文書です。
カゴはもちろん、カートまで盗って帰る人も結構いるみたいです。
―――――――――――――
・うちに家には、おじいちゃん(だったかな?)がよく持って帰ってくるので、30個くらいあります。
 
・うちの団地には、スーパーのカゴもカートも、大体のエレベーターホールに放置してあって、毎朝店員が回収に来ます。
 
・近所の家では、自転車とかに並べて普通に店のカートが置いてあります。
 
・ガレージや庭に当たり前のようにカゴやカートを置いてる家とかあります。
 
・持ち帰ったカゴを、別の店に置いて帰る人もいます。
 
・お子様用カートを持って帰って、ベビーカーに使ってる人もいます。あるスーパーでは、新規に開店した開店当日に10台のカートがなくなっていたらしいです。
―――――――――――――

店の名前が入ってるから、外部から見たら一発で分かります。カゴがなくなるという報道記事まで出てました。
 
一方、店の店員の人の書き込みでは
 
・一ヶ月に何十個もなくなります。

・二ヶ月で100個はなくなりました。

・何か月かに一回は、100個単位で仕入れなければなりません。

とのこと。
 
レジ袋削減、有料化の代償ではないかということです。
 
結構、全国的に普通に持って帰ってるんですね。こういうの、当たり前に起こっていることとは知りませんでした。でもこれって犯罪です。
 
持って帰ったカゴの使い道は、洗濯物を入れたり、野菜とか穀物を入れたり、建設関係の人が小道具を入れたり、などです。屋外に置いておいても雨水が溜まらないので便利だとか。
 
写真のカゴはうちにあるものですが、ちゃんとダイソーで買ったものです(^_^;)。洗った洗濯物を干すところまで運ぶのに使ってます。
2016-02-07kaimono-kago

カラオケでダメな曲

「社員旅行」といえば、夜はほとんどの場合、ホテルの宴会場で宴会ですね。
 
大企業であれば、全員いっぺんに旅行ということはありませんが、中小企業だったら社長や役員以下、一般社員までの全員が揃っての宴会となるので、このあたりが普段の飲み会と違ってくるところです。
 
中途入社で入った「彼」が、その会社で初めての社員旅行・宴会に参加した時のこと。
 
宴(うたげ)も盛り上がった頃、幹事役の人が順々に
 
「希望者は1人一曲ずつカラオケをしてもらいますが、歌いたい人いますか?」
 
と聞いているので、彼が「あ、歌います。」と言うと
 
「曲は何にします?」と聞いてくるので
「北酒場でお願いします。」と言うと
 
「ダメです。それは社長が歌う可能性が高いです。他の曲にして下さい。」
 
「は?ダメな曲があるんですか?」
 
「社長と専務が歌いそうな曲は歌わないようにして下さい。演歌系は全面禁止です。」
 
「いや、だったら最初にその2人に歌ってもらうとか、何歌うかを聞いたらいいんじゃないですか?」
 
「そんなこと聞けるわけないでしょう!いつもあの二人がラストに終わってお開(ひら)きになるパターンですから!」
 
ということで、次の曲をリクエストすると、それは許可が降りたようです。歌う曲に許可が必要なのか。。
 
偉い人が歌いそうな曲を想定して、下っ端の者は、それを歌わないように、と事前に指示しておくとは何という細やかな気配り。
 
ヤクザ社会の宴会では、こういう配慮があると読んだことがありますが、普通の会社でもこういうのがあるとは。
 
でも、上の人の気分を害さないように動き回るのは大したものです。
 
上の者に対する気配りといえば、この人のことではありませんが、以前、知り合いが言ってたことで、こういうの聞いたことがあります。
 
「うちの会社に、ヒラ社員のくせに、社長やら専務、部長に、年賀状や暑中見舞い、お中元もお歳暮も送っとる奴がおる。普段、顔を合わすこともしゃべることもない役員たちに、普通そんなことするか~?魂胆(こんたん)見え見えじゃん。」
 
と。
 
それも上の者に対する気配りかも知れませんが、同じ身分の同僚は、やっぱりボーナスの査定とか昇進に対して下心のある行動とみなすかも知れませんね。
 
その贈り物社員の人も努力していることは大したものだと思いますし、その行動を悪いとは思いませんが、同僚からは嫌われてしまうかも。
でも役員に対する贈り物という発想も努力もすごいものだと思います。自分はちょっと真似できませんね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ