パチンコ勝ちましたか?と聞いて怒りを買うことも

とある彼がある日パチンコに行きましたら、そこの店には仕事上で時々話す、60代の女の人が打ってました。
 
彼も見かけただけで、特に声はかけなかっのですが、その翌日、彼は偶然にも、その女の人に、今度はプライベートな場面でバッタリと出会いました。
 
その女の人は買い物か何かしていたのか、今度は娘と一緒に歩いていました。彼は今度は話しかけて
 
「あっ、昨日○○(パチンコ屋の名前)で見ましたよ。どうでしたか、パチンコ。勝ちましたか?」
 
と言うと、その女の人は
 
「あ、いや、別に・・。」といった感じでほとんど返事もせず、すぐに立ち去ってしまいました。
 
それから数日経ってまたまた、彼がその女の人に出会う機会がありました。ですが今度は、出会うやいなや、その女の人がえらい怒った顔で近づいてきまして
 
「あんたぁ、余計なこと、言うてくれたね!私がパチンコに行ってたことなんて、あんたには関係ないでしょ!あんた、人の秘密言いふらすんか!そんなんプライバシーの侵害でしょうが!」
 
などと、猛烈に怒ってます。
 
パチンコ勝ちましたか?などという挨拶代りのセリフで、なんでそんなに怒ってるのか意味が分かりません。負けたにしては彼に文句を言うのは筋違いですし。
 
しかし相手が怒ってる以上、一応謝ってなだめて、事情を聞いてみると、その女の人は、娘に対して
 
「もう二度とパチンコには行かない」
 
と約束していたそうです。娘にそんな約束をさせられるとは、この人も、これまで相当行ってたんでしょうが。
 
ですが、隠れて行ってたことを娘の前でモロにバラされたので、この後で娘に「約束を破った」と散々責められたそうです。
 
「あんたがしゃべったおかげで私は散々な目にあった」ということで、彼に対して怒り心頭。
 
それからは、業務のこと以外は全く話しかけて来なくなり、彼にしても、あっちが嫌いになればこっちも嫌いになるということで、ほぼ絶縁状態。
 
しかし彼とすれば、「そんな人の家庭のことなんて知らんわ」という感じでしょう。
 
「発言には気を付けましょう」とか
「言い方で相手の受け取り方も違います」
 
などとはよく言われる言葉ですが、そいういうの分かってはいても、相手の陰の事情で怒りを買うなんて、そんなのは注意の仕様もないし気を付けようもない。
 
それで縁が切れるのなら、それはそれでしょうがないかも。
 
何がどうなって人の怒りを買うか分かりませんが、自分に悪意は全くなくても「事故」は起きるものという感じです。

こんにゃく麺替え玉 50食セット。ラーメン、ラーメン太麺、うどん麺。

1 / 11
サブコンテンツ

このページの先頭へ