京都の福知山に到着しました

京都の福知山に到着しました。ここは会場のある市島(いちじま)駅の二つ向こうの駅で、チェックインしてから会場までは行きませんでしたが、市島駅まで行ってみました。
とても緑豊かな、コンパクトで、地元住民のふれあいがあるような駅で(^_^;)、自分の行った時間にはすでに窓口はカーテンが閉まってて無人駅になってました。
 
見える範囲には住宅はありますが、店はありませんでした。
 
駅前に並んでいるタクシーは二台だけで、二台とも運転手の人が降りて談笑してました。
こういった場所に、明日、真っ黒に日焼けした、いかつい男たちが大量に現れると、運転手の人も何事かと思うでしょう。
 
泊まってるホテルはカード式の鍵ではなく、昔ながらの鍵穴に突っ込むタイプで、晩飯買って、部屋に帰って来た時、自分は711号室なのですが、710号の番号が見えたので、その一つ向こうの部屋の鍵穴に鍵を突っ込んでも鍵が回りません。
 
ちょっとむかついてガヂャガチャガチャッと激しく回して、ドアのノブもガチャガチャ回して何回もドアをゴンゴンと引っ張っても開かないので、ふと部屋の番号を見るとそこは708号室で、部屋を間違ってました。すぐ走って角を曲がって隠れました。中から人が出て来て、インネンつけられると嫌なので。というか、言われてもしょうがないんですが。
誰も出てこず、安全を確認した後、部屋に帰りました。

2013-09-21ichijimaeki01

2013-09-21ichijimaeki02

2013-09-21ichijimaeki03

2013-09-21ichijimaeki04

京都の福知山に行って来ます

明日から、ミスター関西・京都府大会で京都の福知山に行って来ます。この二か月、「行って来ます」と「アップしました」ばかりで、他に書くことないんか、と言われそうですが。
 
会場は京都と兵庫の県境に近いところですが、微妙に兵庫県に入ってる兵庫県丹波市 市島町。京都府の大会が兵庫県で行われるということになりますが、県大会を他県でするのはたまにありますね。
 
場所は日本列島の真ん中の辺りで、途中から在来線の福知山線で行くようになりますが、一時間に1本か2本しかなく、山口からだと、家を出て現地まで4時間以上かかるので、当日の朝出発していては間に合わないので、前日から行って会場の二つ向こうの駅の、京都の福知山に泊まることにしました。関西圏の皆様、よろしくお願いします。

2013-09-20kyoto-fukuchiyama

日本マスターズの結果をアップしました

先日行われました、日本マスターズの結果と写真をアップしました。
 
ボディビル選手権大会・結果レポート2013年
 
男子75歳以上は、7位まで書きましたが、録音したものを聞き直してみると、発表は第8位から始まって、すぐに司会者が
「あ!すいません、すいません。第6位からですね!」と訂正してまして、間違えて入賞外も発表したようでして、入賞はやはり「6位」まででした。すいませんでした。(^_^;)
 
ポーズダウンの、その場にいない人から発表したので、「あれ?」とは思ったんですが。。
 
どうもお世話になりました。ありがとうございました。
 
写真は、40代オーバーオールの仲泊兼也選手です。バックショットがすごいです。

2013-09-19nakadomari01

2013-09-19akadomari02

日本マスターズ結果

すでに日本ボディビル連盟に審査結果が出ていますが、以下が結果です。
写真は、各階級の優勝者が最後に全員集まった場面です。
 
●女子40歳以上級

1位・清水 恵理子(東京)
2位・船木 郁子(広島)
3位・石津 尚子(東京)
 
●女子50歳以上級

1位・高松 眞里子(東京)
2位・大林 令子(宮城)
3位・木島 洋子(東京)
4位・深町 りえ(神奈川)
5位・古田 圭子(岐阜)
6位・中西 さとみ(三重)
 
●男子40歳以上70kg級

1位・仲泊(なかどまり) 兼也(ともや)(沖縄)
2位・国塚 清久(神奈川)
3位・村松 幸大(ゆきひろ)(埼玉)
4位・大庭 範久(福岡)
5位・仲西 新(あらた)(沖縄)
6位・山田 高史(愛知)
 
40歳オーバーオール
仲泊(なかどまり) 兼也(ともや)(沖縄)
 
●男子40歳以上70kg超級

1位・高木 昇(神奈川)
2位・猿山 直史(大阪)
3位・河村 秀美(広島)
4位・平山 善勝(愛知)
5位・久保田 宏之(社会人連盟)
6位・山嵜(やまざき) 成知(なりとも)(東京)
 
●男子50歳以上級

1位・片川 淳(山口)
2位・奥村 武司(大阪)
3位・細江 俊郎(愛知)
4位・中島 幸忠(神奈川)
5位・小柴 良介(兵庫)
6位・竹村 敦司(愛知)
 
●男子60歳以上級

日熊 秀盛(東京)
冨濱 武弘(沖縄)
田場(たば) 英一(ひでかず)(沖縄)
1位・高岸 豊治(三重)
2位・菊池 正幸(宮城)
3位・柴田 紀男(宮城)
4位・石津 永司(東京)
5位・小原 伸夫(宮城)
6位・辺見 不二男(社会人連盟)
 
●男子65歳以上級

1位・井原 茂(社会人連盟)
2位・中野 博之(大阪)
3位・後藤 譲(東京)
4位・宮崎 則尚(のりひさ)(三重)
5位・池田 嘉明(北海道)
6位・上田 恭義(やすよし)(大阪)
 
●男子70歳以上級

1位・杉尾 忠(香川)
2位・斉藤 忠男(愛媛)
3位・安部 保(大分)
4位・井上 義信(大阪)
5位・吉田 昌弘(社会人連盟)
6位・知名(ちな) 定勝(沖縄)
 
●男子75歳以上級

1位・金澤 利翼(広島)
2位・阿野田 英生(三重)
3位・木村 博男(社会人連盟)
4位・小斉平(こさいひら) 豊(鹿児島)
5位・登坂 勉(東京)
6位・渡辺 信行(山口)
7位・荒川 正雄(東京)

2013-09-16nihon-masters

日本マスターズ、終わりました

今日まで那覇に泊まって明日10時の飛行機で山口に帰る予定です。会場からの帰りは、連盟がバスを用意してくれていました。料金は一律500円で、市営のバスよりも安いです。会場→那覇バスターミナルのある、モノレールの駅→選手たちが泊まっているホテル→那覇空港の経路です。
 
今泊まっているホテルは、チェックインの時「掃除は二日に一回となっておりますので、明日は掃除はナシで、タオルと着替えは新しいのをフロントでお渡しします。」と言われていたのですが、帰ってみると本当に全部そのままで、タオルもゴミもそのままになってました。こういうシステムもあるとは、ちょっと勉強にはなりました。
 
写真は会場からのバスと、マスターズ50の表彰の場面です。優勝は山口県の片川さんです。

2013-09-15okinawa-bus

2013-09-15masters50-hyosyo

沖縄に到着しました

沖縄に到着しました。会場と那覇空港はずいぶんと離れておりまして、沖縄にはモノレールが1路線ありますが電車がないので、会場へ行くにはバスかタクシーになるのですが、タクシーだとホテルから推定6000円くらいになります。
 
何とかバスで行けないものかと、那覇のバスターミナルに路線と乗り場を調べに行ってきました。バスだと650円ですので、片道が650円と6000円ではえらい違いです。一応予算があるので。。
 
しいて観光といえば、そのバスターミナルを観光したことです。それから、ホテルが国際通りにあるので、周りを歩いてみましたが、人がすごく多いですね。さすが那覇という感じでした。

2013-09-14naha01

2013-09-14naha02

2013-09-14naha03

2013-09-14naha04

関西クラス別と兵庫県大会をアップしました

9月8日に行われた、関西クラス別と兵庫県大会の結果と写真をアップしました。
 
ボディビル選手権大会・結果レポート
 
明日から日本マスターズを見に沖縄へ行ってきますので、関西の方は何とか出発前にアップしようと思いましたが、出場者が想定外に多くて時間がかかり、ちょっと焦りましたが、何とか間に合いました。
 
選手・スタッフ・応援に行かれた方、どうもお疲れ様でした。お世話になりました。

関西クラス別と兵庫県大会に行って来ました

神戸で行われた、関西クラス別と兵庫県クラス別・兵庫県総合大会から月曜日の昼ごろ帰って来ました。
 
この間の大阪のクラシックとボディフィットネスに匹敵するほどの出場者数でした。関西クラス別のエントリーは93人、兵庫の総合とマスターズ、クラス別は重複エントリーも別々に数えると73人で、延べ166人。さすがに関西は競技人口も規模も違いますね。
 
村重さんの「ボディビル大会情報交流の会」にも書きましたが、兵庫県の大会は、表彰式の順位発表がめちゃめちゃ早いです。
 
録音したものの中でいくつかの部門の時間を計ってみましたら、6位の発表から3位までが12秒くらいです。それから1位、2位の発表まで一瞬間が空きます。
 
「○○部門の表彰を行います。選手は入場して下さい。」から、記念撮影が終わって「選手は退場して下さい」までが、だいたい1分30秒くらいで、記録者泣かせというか、かなりの集中が必要になります。(^_^;)
 
どうも、選手の皆様、お疲れ様でした。また、会場が声をかけて下さった方、ありがとうございました。

2013-09-10kansai-hyogo-taikai

一個50kgのダンベル

下松トレーニングジムにある、一個50kgのダンベルです。会員の一人か何人か?が、会長に頼んでそろえてもらったそうです。
これでダンベルベンチしてる人もいますが、自分は、床から10cmくらい浮かすのがやっとです。これでダンベルベンチなど、そもそも最初の体勢に持っていくことさえ出来ません(^_^;)。
 
明日8日は、関西クラス別・兵庫県大会に行ってくる予定です。

2013-09-07dumbbell50kg

更衣室での屁

Aさんという、自分の昔の知り合いが以前言っていた。
 
当時Aさんは、あるトレーニングジムに通っていた。ある日のこと、いつものようにトレーニングを終えたAさんは、家に帰ろうと、更衣室で着替えをしていた。
着替えているのは、Aさんの他に、もう一人いた。顔は何度も見たことがあるが、話をしたことはない男だった。
 
その、もう一人の彼も、トレーニングを終えて、これから帰るようだった。先に着替え終わったのは、その、もう一人の彼の方だった。
「お先に失礼します。」と挨拶をして彼が出て行く。だが、その男は、更衣室のドアを開ける直前、「ぶううう!」と、一発、豪快な屁を放った。
 
そしてすぐに更衣室を出て行き、パタンとドアを閉めた。この屁がまた、強烈に臭かった。ここの更衣室は狭い。においが充満しているようだった。
 
「うわぁっ!何や、あいつ、非常識な!」
 
Aさんが不快感を感じていると、ちょうど入れ替わりのように、別の会員が入ってきた。この男も見たことはあるが、話をしたことはない。だがその男は、入って来たとたん、一瞬顔をピクッとさせ、いやーな顔して、チラッとAさんの方を見た。
 
彼ももろに、においを感じたようだった。疑われているのがはっきり分かる。Aさんも心の中で
 
「俺じゃない!俺がやったんじゃない!」と叫んでいた。
 
その彼は特にAさんに対して何も言わない。何も言われてないのにAさん方から
 
「すいません。屁をしたのは僕じゃないんですよ。」
 
と話しかけるのも何か言いにくくて、結局Aさんは何も言わず、あわてて更衣室を後にした。急いで出たことが一層疑惑を加速させた。
 
「あの男、今度見かけたら文句言ってやる!」と、Aさんは一瞬思ったが、大の大人が
「あんた、この間更衣室で屁をしたろう!」とつっかかって行っては、今度はこっちが馬鹿のように思われる。
 
結局弁明も出来ず、文句も言えず、こういう細かいことは、このままにしておくしかなかった。密室での屁は、こういう形で人に迷惑をかけることもある。

サブコンテンツ

このページの先頭へ