父が亡くなりました。

父が亡くなりました。12月9日に入院してから、日に日に病状が悪化し、最初は歩けたり話せたりしていたものが、最後の数日間は手や足を動かすこともできず、寝返りも打てず食事も自分で取ることができなくなってしまいました。
最後の2日間は話すこともできずに荒々しく呼吸をするだけが精一杯でした。

骨髄異形成症候群(こつずい いけいせい しょうこうぐん)という病気で、骨髄の異常から正常な血液が作れなくなる病気です。これにインフルエンザと肺炎が重なり、相当に苦しんだあげくの死でした。

最後の頃は話す言葉もほとんど聞き取れない状態でした。

まだ入院して間もない時期、話ができていた頃に、父は最後まで母の事を気にかけており、自分に向かって

「もう長うないでえ、お母ちゃんを頼むで。」

と言いました。もちろん「大丈夫よ。まかしときい。」と答えました。

葬儀の時、棺と一緒に入れる寄せ書きには、最初に父に対するお礼の言葉を書き、最後に「あまり親孝行できてないね、ごめんね。」書いておきました。

すぐ近くに住んでいたので顔はたびたび合わしていましたが、それゆえに特に一緒にどこに行こうということもなく、漠然と何年も過ぎてしまった感じです。

病院の病室に付き添いで一晩泊まった時に亡くなり、その翌日は葬儀場で1泊し、葬儀と火葬が終わって親戚の人達を送り、ようやく家に帰ってきました。
覚悟はできていましたがこたえますね。時間の経過とともに何とか落ち着いてきました。
2020-01-14sougi

間違い留守電とファックス

電話といえば、今では携帯にかけるのが普通になっているので、家の固定電話にかかってくるのは、営業電話がほとんどです。

ですが、それでもごくたまに家の電話にかかってくる間違い電話があります。

自分がいる時間帯であれば出ることもしますが、「間違い留守番電話」が入っている時もあります。

「○○ちゃん、今日は○時ごろ帰るからね。」とか
「○時○分着の新幹線で帰るから迎えにきてね。」

などというメッセージが入っています。

それと間違いファックス。

覚えているのが建設会社の見積書と、何かの参加メンバーの名簿が届いたことがあります。

留守番もファックスも明らかに無関係なので間違いであることは分かります。

こういう場合、送り手側に電話して、間違ってましたよと連絡してあげるのが親切なのでしょうが、一回だけそういう電話をかけたことがあるもののその時に誰も出なかったので、結局そのままにしてしまいました。それ以降、特に間違いに対しては何もしていません(^_^;)。

ですが、見るからに仕事上でものすごい重要な要件の間違いファックスとか留守電が入っていたら、どうしようかと迷いますね。

2020-01-09machigai

謹賀新年

年末年始で実家に帰ってきました。実家に帰ったと言っても、実家は隣の家ですので普段から交流がありますから、全然帰省という感じではないのですが。

昔は自分は同じ市内のアパートに住んでいましたが、数年前、不動産屋から

「老朽化で取り壊すので半年以内に出て行って下さい。」

と言われてアパートの住人全員が出ていくことになりまして、引っ越し先を探していた時に、たまたま実家のすぐ隣の一軒家の借家が空き家になっていたのでそこに引っ越して現在に至ったわけです。

年末は、帰省して来た弟と飲んで、元旦は毎年恒例の遠石(といし)八幡宮に初もうでに行って来ました。

毎年のことですが、一回500円のくじを4つ引いて、今年も8等(最下位)が2つ、7等が2つでした。全部お菓子にしました。
高いお菓子になりましたけど。

賽銭は100円入れてきました。
願い事は歳とってくると、無事健康につきますね。
2020-01-01kisei01

2020-01-01kisei04

2020-01-01kisei02

2020-01-01kisei03

父の入院

一週間前から81才の父が入院しまして、毎日お見舞いに行ってます。自分が行ったからといって、出来ることと言えば、ヒゲソリとか着替えとか、そういうことくらいしか出来ませんが、行かずにはおれません。
顔を見せるだけでも、多少は違うのではないかと思います。
2019-12-19chuou-byouin

心霊スポットの近隣に住む人達の迷惑

何年か前ですが、自分の住んでいる県の山奥の方で、4人か5人が殺害されるという事件がありました。

当時、テレビでも大々的に報道されていました。

そして容疑者も捕まって、事件も一通り落ち着いたころ、今度問題になったのが、その現場が、心霊スポットとして、若い者の肝試しの場になってしまったということです。

ただ横を素通りして見に行くだけならまだしも、そこでお菓子食ってゴミを捨てて帰る、ペットボトルは投げ捨てる、タバコの吸い殻も捨てる、と、面白半分で行って現地を汚して帰る、という人がかなりいたそうです。

もっとも、この肝試しにもブームのようなものがあって、事件から何年も経てば、自然に人もこなくはなるのですが、その近所に住んでいる人たちからすれば大迷惑な話です。

特に現代ではネットで投稿する場がいっぱいありますから、そうした所へ行って写真を投稿するのも目的の一つなんでしょうが。。

昔、ネットで遭った詐欺

ずいぶん昔のことですが、メルマガで見つけた時給2000円のバイトというものに申し込んだことがあります。ある会社が独自に開発したソフトの使い方を、チャットで購入者たちに教える、という仕事でした。

向こうの会社が言うには「人に教えるためにはまずはあなたが使い方をマスターしなければなりません。そのためにまずはソフトを購入していただきます。その後研修に入ります。」

というものでした。言われる通りソフトの代金3万円を振り込んで、メールしてみたのですが、何回送っても返事はなし。ちなみにソフトは住所録のデータベースのソフトでした。

電話をかけてみるとつながらないか、わけの分からない留守番が出て、この会社は移転しますので、移転作業が終わりましたらご連絡します。」という返事。

結局そのままになりました。ネットで調べてみると、その会社名が何件もヒットしました。

同じ目に遭った人がいっぱいいたみたいです。それで結局そのままです。

これは間違える

とある駐車場で用事が終わって帰る時、自分の車のフィットのところへ行って、ドアの取っ手に手をかけてちょっと引くと、いつもならピピッと音がしてロックが解除されるのに反応がない。ドアが開かない。

ありゃ? 壊れたのか?

と思って、何回もガチャガチャやってみましたがダメで、ふと気が付きましたが、窓越しに見て運転席前の部分にハンカチと駐車券が置いてあって、自分はこんなところに物など置いてないので、これは車が違うとその時点で気づきました。
(さらに…)

ジャージの人はかなり減ったような

毎年、寒くなると下松ジムへ行くにもジャージを着ていきます。すでに20年近い朽ち果てたジャージですが。
ふと思いましたが、自分以外で上下ジャージを着ている人をほとんど見たことがないような気がします。 (さらに…)

山口・広島パワーをアップしました。超懐かしい鉛筆削り。

11月10日に行われました、山口県・広島県パワーリフティング選手権をアップしました。

http://cyoshida.web.fc2.com/

ボディビルもパワーも、今年のファイルはこれで全部終了しました。どうもお世話になりました。

大会の時に会場で、超懐かしいものを見かけました。
(さらに…)

山口県・広島県パワーリフティング選手権に行って来ました。

山口県防府市で行われました山口県・広島県パワーリフティング選手権に行って来ました。
順位は山口県・広島県・オープン部門でそれぞれ決定されます。
例年、この大会は参加者は20人くらいなのですが、今回は31人と、かなり増えました。
(さらに…)

サブコンテンツ

このページの先頭へ