サプリメントマニア。こういう健康管理の方法もあり。

ある2人がサプリメントの話をしていました。サプリメントといっても、プロテインやクレアチンなどのトレーニング関係のサプリではなく、ヒアルロン酸やグルコサミン・コンドロイチンなどの健康関係のサプリの話です。

話題にしていたのは疲労回復に関するサプリでした。

「私はね、これまで160種類くらいのサプリメントを買ってきたんですよ。その中で私がいいと思ったのが○○です。あれは効きますよ。是非あなたも使ったらいいですよ。」

「160種類ですか!それはすごいですね。じゃ、それ以外にも有名どころはほとんど試したんじゃないですか?」

「やっぱり健康が一番だからね。サプリメントなら大量にあるから欲しい物があったらあげるよ。毎月色んなものが送られてくるから飲みきれないものがいっぱい余ってる。」

「そうですか、それじゃ何かお願いします。」

ということなのですが、この方、会話からして定期便を何個も契約しているみたいですね。160種類といっても現在進行形で何個飲んでいるのかは分かりませんが、まさにサプリメントのスペシャリストです。

サプリメントは基本的に自然界にあるものが原料だから飲み過ぎても大丈夫と聞いたことがありますが、色んなものをいっぱい飲んでも大丈夫なんでしょうかね。なんか大丈夫のような?

パクリで有名な韓国アニメ。

ユーチューブで昔のアニメを見ていると、時々サイドバーに表示される「韓国」「アニメ」「パクリ」という単語がタイトルに入った動画たち。

試しに「韓国アニメパクリ」でユーチューブで検束してみるとモロに日本のパクリと思われる韓国アニメの動画がかなりの数出てきます。

日本アニメの韓国語吹き替えではなく、日本のキャラクターを使って韓国独自の番組にしたもの。

それぞれの動画に色んな人がコメント入れてますが、日本人からはかなり反感買ってますね。
でも自分としては、結構面白いと思いましたけど。

これはKoreanTrueさん投稿の、韓国で作られたグレンダイザーと日本のオリジナルを比較した動画ですが、

「朝鮮UFOロボグレンダイザー(盗作) VS UFOロボグレンダイザー」

その他にもガンダムのシャアとセイラを主人公にした「宇宙黒騎士」とかマジンガーZのパクリと言われる「テコンV」、韓国版ガッチャマン、ワンピースから一文字抜いた「ワピース」など、その他いっぱい検索結果に出てきます。

しかしどれもレベルが、あまりにも日本と差があり過ぎ。

今や世界トップクラスとも言われ、世界中に輸出されている日本アニメ。昔同士のものを比べてみても、当時からいかに日本のクオリティが高かったのか改めて分かるようでした。
しかし真似されるのも優秀な証拠でしょうね。

亡くなった人の電話番号は消すか残しておくか。

ある人と話していましたら、自分と話し相手である彼との共通の、1人の友人の話になりました。

その共通の友人とは、7-8年前に交通事故で亡くなった人で、今では故人です。

それでその人が生きていた時の話をちょっとしていましたら、話し相手である彼がこう言いました。

「ワシは、あいつの電話番号、まだ携帯に残しとるんでぇ。
・・消されんのぉ。
多分、ずっと消さんじゃろう。」

と。
これを聞いてズキッときましたね。

それで自分はどうかといえば・・→消してしまった・・もうかけることがないからと・・。

なんか一気に自分がすごく冷たい人間のように、自分で思ってしまいました。

しかしこの人の気持ち、人の情に触れたようで何か嬉しくなりまして感動でした。

番号残しておいて目についた時にちょっと思い出す・・それはそれで立派な供養のように思います。
自分はちょっと後ろめたい気持ちにはなりましたが。。

黒酢のカプセルの営業電話。

先日電話がかかってきまして、
「この辺りにお住いの方に当社の製品である、黒酢のカプセルの無料サンプルを送らせていただくことになったのですが、そちらのお宅にお送りしてよろしいですか?」

と言うので、タダでもらえるものならと「はい、いいですよ。」と答えまして、そのサンプルが送られてきました。

で、届いた後になって気づいたのですが、無料のサンプルと、それにカタログまで郵便で送ってきて、それで終わりな訳がないですよね。

毎月どうですかの定期購入を勧める電話が必ずかかってくるでしょう。あの時はそこまで頭が回りませんでした。もらえるものなら何でももらっておこうと思っただけで(^_^;)。

黒酢そのものは体に良いものですし、飲まないより飲んだ方がいいとは思いますが、全部の営業に付き合っていると、こっちの金がもちません。
何とか断ろう。

セールスといえば、ふと思い出しましたが、かなり昔の知り合いですが、ある女の人が言ってました。

「うちの息子が気が弱い子で、訪問販売とか、かかってきた電話とか、なかなか断りきれずにそのまま契約したり買ったりすることがすごく多いみたいなんですよ。

本人も毎月の支払いが大変なんじゃないかと思うんですが・・。ちゃんと生活出来てるのかどうか、いつも気になってるんですよ。」
と。

まあ、さすがにその人も給料を超えるほどのものは背負わないんじゃないかとは思いますが。。

でもこういうセールスをなかなか断れない人って男女関わらず結構いるような気がします。

自分も断るのは苦手ですが、生活のためならそれもしょうがないですので、この人の息子ほどではないと思います(^_^;)。

今年も宗教関係、保険、太陽光発電、壁と屋根の塗り替え、ネット回線、新聞、健康食品と色んな人が来ました。

話を聞いていいねと思ったものは契約します。ネット回線の変更と新聞はOKしましたが、全部は無理。

しかし断るのは言いにくいですね。いつもかなりやんわり断るので、そこからまた更に粘られて話が長引くことがたびたびあります。長い時で20分くらい。
その場でピシャーッと断れる人が羨ましくもあります。
2017-10-28kurozu

靴のカバーをつけてみましたが、ちょっと恥ずかしい。

台風接近に伴って朝から雨ですが、山口県周南市はそれほどひどくありません。普通の雨で、風も穏やかです。
それで、バスで徳山駅前にあるネットカフェに行ってきたのですが、出発前ふと、以前100円ショップで買っておいた靴カバーが玄関の中にあることを思い出しました。

雨の日にスニーカーだと、すぐに靴下までびしょびしょになるので、たまたま売り場で発見した時に買っておいたのです。

袋状になっていて、底があり、靴をそのまま入れる形式です。で、付けて街に出てみたのですが、何かこれを履(は)いて歩くのってすごく恥ずかしいものがあります。ダサいというか、カッコ悪いというか。

駅前をちょっとうろうろしましたが、二人の人間にじっと見られました。

他に、靴にカバーしている人はいないものかと、周りの人の靴をかたっぱしから見てみましたが、誰もしてませんね。

せっかく付けたものだからと、これでネットカフェに入り、最後まで付けてました。確かに靴の中は濡れなかったものの、これ、もう一回使うかどうか微妙なところです。
kutsu-cover01

kutsu-cover02

なくなったと思っていた傘が出てきました。

一ヶ月以上前ですが、ある雨の降っている日に出かけようと思ったら、いつも使っている黒の傘がない。

その時、散々探し回ったあげく、もう、なくしたものだと思って諦めていたら、ある日、年に数回くらいしか行ってない散髪屋さんからハガキが来ました。

ハガキには「前回来られた時に、傘忘れてましたよ。」との文章が。そういえば、あの時に雨が降っていたことなどはすっかり忘れていました。

オーナーが女の人なので女性の文章ですが、傘などは基本的になくしたら絶対戻らないものだと思ってましたので、感謝と共にびっくりでした。

先日また散髪に行った時にお礼を言いましたら
「最近では普通の傘を持っている人の方が少ないので、目立ってましたからすぐに分かりました。」
とのこと。

普通の傘とは、昔ながらの普通の傘で・・その逆に「普通じゃない傘」とは透明のビニール傘のことを言っているんでしょう、多分。
傘といえば今やコンビニのビニール傘が主流なんですね。

しかし、手書きのハガキは懐かしくていい感じです。現代は連絡手段はメールが普通なので、自分も手で書くハガキは、年賀状の一文くらいです。

30年くらい前は、何かを伝えようと思ったら手紙かハガキの手書きが普通だったのですが、今ではハガキの手書きが珍しい世の中になりましたね。
2017-10-21kasa01

2017-10-21kasa02

日本ボディビル選手権をアップしました。カメラの除湿剤について。

10月9日に行われました日本ボディビル選手権をアップしました。どうもお世話になりました。

http://cyoshida.web.fc2.com/

今年最後のボディビル取材も終わりまして、大きな区切りになりました。今年出会った皆様、来年また会場でお会いしましょう。

カメラの方もいつもの定位置・扉のついた三段ボックス中です。
中にある、白い団子みたいなのは除湿剤です。

カメラに限らず精密機器は湿気で内部の痛みが早くなるとか、カビが生えるとネットで見たため除湿剤を入れてます。

この白いの、電気屋で買った除湿剤なんですが、中身は石灰です。ですが、すぐにカチカチになって膨(ふく)れ上がります。

それだけ水分を吸収しているということで優秀な製品なんでしょうが、変える頻度が早いので、他のでかいものはないものかと思っていたところ、一ヶ月くらい前に除湿剤の「水とりぞうさん」をナフコで見つけてこれを入れてみました。
奥のピンクのフタのものです。

「水とりぞうさん」、発売から35年くらい経ってもいまだに売れ続けているというロングセラーで、このでかいのが3個セットで150円くらいでした。千500円ではなく150円。何か、ものすごく安いんですが。。

これ、上の白い部分で水分を吸収して、更に下に液体になって溜まっていくんですね。一ヶ月くらいでこれだけ溜まってました。
2017-10-14joshitsu-zai01

2017-10-14joshitsu-zai02

日本ボディビル選手権に行ってきました。結果です。

日本ボディビル選手権に行ってきました。男子女子ともに順位にかなり変動がありました。
男子優勝の鈴木雅選手は連覇を継続しましたが、2位に須山翔太郎選手が入り、女子フィジークは澤田めぐみ選手が新チャンピオンとなりました。
それと全国高校生の相澤隼人選手、高校選手権三連覇はすごいですね。一年生の時から優勝していないと出来ないことです。
 
自分が行くのは、ボディビルは今年はこれで最後です。ネット上の友人にもかなり出会うことが出来ました。どうもお世話になりました。また来年お会いしましょう。
 
●男子日本ボディビル選手権
1位・鈴木 雅(東京)
2位・須山 翔太郎(東京)
3位・田代 誠(東京)
4位・合戸 孝二(静岡)
5位・佐藤 貴規(東京)
6位・横川 尚隆(東京)
7位・木村 征一郎(大阪)
8位・山口 裕(埼玉)
9位・須江 正尋(東京)
10位・高梨 圭祐(東京)
11位・木澤 大祐(愛知)
12位・加藤 直之(神奈川)
 
●女子日本フィジーク選手権
1位・澤田 めぐみ(東京)
2位・山野内 里子(愛知)
3位・大澤 直子(東京)
4位・清水 恵理子(東京)
5位・今村 直子(大阪)
6位・中村 静香(東京)
7位・橋木 明子(東京)
8位・久野 礼子(東京)
9位・山田 純子(愛知)
10位・佐藤 美由紀(東京)
11位・愛宕 珠子(千葉)
12位・湯澤 寿枝(栃木)
 
●日本ジュニアボディビル選手権
1位・相澤 隼人(神奈川)
2位・黒川 宏太(岡山)
3位・吉岡 賢輝(神奈川)
4位・市川 悠道(東京)
5位・草野 亜基(岡山)
6位・森川 諒也(大阪)
7位・高田 晃志(千葉)
8位・立野 智宏(福岡)
9位・柿沼 奨真(東京)
10位・東 将治(東京)
11位・岡 玲治(三重)
12位・梅木 嵩太(大分)
 
●全国高校生ボディビル選手権
1位・相澤 隼人(神奈川)
2位・岡 玲治(三重)
3位・八巻 晴太(東京)
4位・上田 皓大(愛知)
5位・深井 フェリペ秀幸(三重)
6位・垣沼 正紀(千葉)
7位・栗栖 真生(愛知)
8位・本間 大地(東京)
9位・岡田 竜也(千葉)
10位・羽成 温朗(茨城)
11位・上大門 柊介(愛知)
12位・久木田 雄輝(東京)
2017-10-09nihon-sensyuken01

2017-10-09nihon-sensyuken02

2017-10-09nihon-sensyuken03

2017-10-09nihon-sensyuken04

2017-10-09nihon-sensyuken05

2017-10-09nihon-sensyuken06

2017-10-09nihon-sensyuken07

2017-10-09nihon-sensyuken08

2017-10-09nihon-sensyuken09

2017-10-09nihon-sensyuken10

2017-10-09nihon-sensyuken11

2017-10-09nihon-sensyuken12

2017-10-09nihon-sensyuken13

2017-10-09nihon-sensyuken14

2017-10-09nihon-sensyuken15

2017-10-09nihon-sensyuken16

2017-10-09nihon-sensyuken17

東京へ来ました。

9日(月祝)の日本ボディビル選手権を見に東京へ来ました。11時ごろ品川に着いてから、浅草へ行って隅田川を走る観光船の水上バスに乗って日の出桟橋で降り、その後、上野公園・上野動物園に行ってました。
さすが東京、あまり人の多さにびっくりでした。
 
例年ですと、日本選手権の前日はbig toe吉賀俊行さんと里さんの筋肉オフ会が開催されて自分も出席しているのですが、吉賀さんが現在、癌の手術・療養中で今年は行われず、自分も吉賀さんのことが非常に気になっています。
吉賀さんは元ミスター関西、数ヶ月前まで月間ボディビルディングで記事を書いていた方です。

http://new-bigtoe.blog.jp/

後遺症は残りますが、現在は社会復帰に向けて己との戦いの真っ最中です。いつの日かまたお会いしたいです。ネットを通じて吉賀さんにも伝えたいと思います。
2017-10-08tokyo01

2017-10-08tokyo02

2017-10-08tokyo03

2017-10-08tokyo04

2017-10-08tokyo05

「高血圧ですね。病院に再検査に行って下さい。」と言われました。

多分、30年くらい前から血圧はずっと150台で、別にそれで今まで何ともなく、健康診断でも「高血圧」とただ書かれてあるだけなので、そのままにしておいたのですが、前回の健康診断の時に会社の管理職から
 
「高血圧ですね。病院に再検査に行って下さい。」と言われました。
 
それで病院に行きましたら、血圧を測った後(157か8くらいだったような)
「薬を出しましょう。」と、血圧を下げる薬を飲むことになりました。一日一錠の白い薬です。
 
血圧を記入する手帳をもらい、それから家で毎日二回測ってますが、それで大体毎日140前後になりました。
 
2週間後に、その手帳と、言われていた家で使っている血圧計を持って病院に行きまして、その場で、病院の血圧計と家の血圧計の両方で測って数字を比べてみると違いは7で、家庭用の方が低く出ました。
 
「まあ、大体、合っているようですから、このまま測測を続けて下さい。」
 
ということで4週間後にまた手帳を持って血圧を測りに行くと、その場では143でした。
 
「もうちょっと数字を落としたいですねぇ。次回から、薬を1つ追加しますので、この二種類を一錠ずつ飲んで下さい。」
と、今度は二錠ずつ飲むことになりました。
 
血圧はその後、家で測ってのことですが120台がほとんどになりましたが、結構な確率で110台が出ます。更に、たまですが107とか102とか。
しかしずっと150以上あったものが、102とか出るとびっくりします。こんなに落ちて大丈夫なのかと逆に不安になるほどです。もちろん、高血圧である方が体に悪いと理解はしていますが。。
この薬、ずっと飲むことになるんでしょうね。ということは、あの病院と薬局もずっとの付き合いになりそうです。
2017-10-06ketsuatsu

サブコンテンツ

このページの先頭へ