減量してた先輩

大学時代、同じバイト先に、体重が119kgあった先輩がいた。120kgの一歩手前と言ってたから、多分119kgだろう。聞けば来年の就職活動に備えて、最近減量を始めたという。
 
バイトで出会った時、自分に話しかけてきて、
「俺、今、減量しとるんじゃ。もう2kg痩せた。俺って痩せたろう。」
と、聞いてきた。
 
119kgが117kgになったらしい。
 
だが、見たって全然分かるわけがない。
しかし「変わってないです。」とは言えなかったので、「そういえば細くなりましたね。」とさしさわりのない返事をすると、
 
「どの辺が? どこが細くなったと思う?」と、更に突っ込んできた。本気で聞いているのか、見た目変わってないのが分かっていながら、わざと聞いているのか。。
 
「お腹のあたりが、かなり引っ込みましたよ。」と言うと、
「だろう!やっぱり分かる?最近、ベルトがちょっと縮まったんでそんな気がしてたんよ。やっぱり見ても分かるか。」と結構嬉しそうだった。
 
本気で聞いてたみたいだ。
 
減量している人にとっては、2kgダウンというのは、「人の目から見ても変化が分かるのではないか」と思わせる微妙な数字のように思える。それは119kgの人も70kgの人も、本人の思いは同じ。自分も減量頑張らないと。。

今年のボディビル大会の観戦予定

今年のボディビル大会の観戦予定をホームページの方に載せました。

ボディビル選手権大会・結果レポート

突発的な事故病気怪我不幸などがなければいいのですが。飛行機に一人で乗ったことがないので、北海道と沖縄は、ちゃんと行って帰ってこれるのか、かなり不安です。
 
7月21日(日) 日本クラス別・北海道選手権/北海道

8月04日(日) 山口県選手権/山口

8月11日(日) 中国四国山陰島根鳥取選手権/鳥取

8月18日(日) 西日本・広島選手権/広島

8月25日(日) フィットネス・日本クラシック・大阪選手権/大阪

9月08日(日) 関西クラス別・兵庫県選手権/兵庫

9月15日(日) 日本マスターズボディビル 沖縄県選手権/沖縄

9月22日(日) 関西・京都選手権/京都

10月14日(月) 日本ボディビル選手権/東京
 
今日は朝の8時30分に、ジムのオープンと同時に入りましたが、10時まで一人でした。誰もいない。。10時に一人こられましたが、ずいぶんと人が少なかったです。

2013-06-16hack-squat

酒癖が悪い

ある人が職場の飲み会で飲みに行った時のこと。その中に、みんなから「酒癖が悪い」と言われている人が混じっていた。この人、普段はおとなしい人なんだが。
 
酔ってくるとやはりその人は、誰か一人をつかまえて散々インネンをつけ始めた。それがエスカレートし「お前、何様じゃ、殺したろーか、わりゃ!」「ワシはお前のことが前から大キライじゃったんじゃ!」「殴ったるけえ、表へ出えや!」
こんな感じ。
 
からまれてる人は温和な人だったので、別に自分が悪いわけでもないのに何回も謝って、何とかその場は終わった。
 
しかしあれだけ言われたら気分がいいわけがない。その、「からまれた人」も怒ったまま家に帰った。
 
「何が前から嫌いだった、じゃ。それはこっちのセリフじゃ!今日で絶縁じゃ!もう、仕事以外では一切口をきかん!」
と心に誓った。
 
だか翌日の休みをはさんで再び出勤すると、朝一番から、またあの男にばったりと出会ってしまった。同じ会社なのだから当然であるが。
 
またおとといの続きを言ってくるんじゃないかと身構えたが、相手は
 
「おっはよおございまぁす!あの日はちゃんと帰った~?俺、昨日すごい二日酔いでさ~、目が覚めたら家で寝てたよ。どうやって帰ったのか全然覚えてなくってさぁ~。」
 
と、あまりにも爽やかに話しかけてくる。
 
どうやら何も覚えてない様子。
 
絶縁すると心に誓っていたが、あまりにも相手が笑顔で親しく話しかけてくるので、結局その誓いはうやむやになった。納得出来ないまま、人間関係は修復された。こういう場合はもう、あの日のことには触れない方がいいのかも知れない。
 
「酔って覚えてない」ということはよくあることだが、その覚えていない時間帯に、人から恨みを買うようなことをしていたり、口止めされているようなことをペラペラしゃべったりしている可能性などは十分にある。
相手が突然自分を避け始めても、もちろん自分に心当たりなどない。

岩国米軍基地ベンチプレス大会をアップしました。

6月8日の土曜日に行われた、岩国米軍基地ベンチプレス大会の結果と写真をアップしました。どうもお世話になりました。
 
ボディビル選手権大会・結果レポート2012年
 
7月から10月までは、ボディビルの大会シーズンになりますので、次にベンチの選手の方たちとお会いするのは、ステイヤングの冬の大会の時でしょうか。またよろしくお願いします。
 
次回の大会は、7月21日に北海道で行われる日本クラス別に行く予定です。

ベンチプレス大会の後のホテルにて

岩国米軍基地ベンチプレス大会の後、周南市のホテルグラマシーに泊まりました。撮影したのが3296枚で、ブレ・ピンボケ・連写の重複分を削除して、写真の整理をしているところです。
 
残したのは1606枚でした。ホテルの着いたのは17時半ごろ、寝たのは2時半ごろでした。夜勤明けで大会に行ってますので(これは毎回のことですが)、34時間起きたことになります。
 
眠気覚ましのカフェロップが効いたのか、ほとんど眠気は来ず、作業ははかどりました。

2013-06-09gramacy

岩国米軍基地ベンチプレス大会

岩国米軍基地ベンチプレス大会に行ってきました。参加選手は35人で、これまでの中では最も多く、大規模な大会でした。
 
記念撮影の写真は、選手の方々のサイトとだぶりますので、これは入賞者のメダルのアップです。青の帯が1位、赤が2位、白が3位です。
結果と写真集は木曜日までにはアップしたいと思います。

2013-06-09iwakuni-medal

二千円札

3~4年ぶりに二千円札に出会いました。珍しかったのでとっておきます。もう存在すら忘れていました。
 
明日は岩国米軍基地のベンチプレス大会に行ってくる予定です。

2013-06-07nisenensatsu

昔流行った詐欺

今、ひっかかる人はいないとは思いますが、こういうのが昔、流行りました。
 
ある時、家に電話がかかって来て、こう言われます。
 
「もしもし、こちらは警察ですが、先ほどお宅の息子さんが事故を起こされました。それで相手の方が怪我をされまして、今なら相手側も示談で済ますと言ってるんですが、ニ十万円ほど、用意できますか?」
 
内容や金額に幅がありますが、だいたいこんな感じです。
 
電話に出た相手が声からして年配者であることを確認して、こう言い「うちには息子はいません。」と言われると「すいません。間違えました。」と言って切ります。
 
そしてバックには救急車のサイレンが鳴り響いてます。なんかもろに信じてしまいそうな演出。でも普通、救急車が到着したときにはサイレンは止まってるんですが。
 
金の受け取り方法までは知りませんが、それなりにバレないようにしたんでしょう。本当に払った人がどれだけいるのかは不明ですが、「家族が事故・警察」という言葉は強力かも知れません。つい信じてしまいそうです。しかし警察の方から、いきなり「金を出すよう」に、と勧める電話はしないと思いますけど。

パソコン初期化

昨日、パソコンを立ち上げようとすると「オペレーションシステム ノット ファウンド」と表示が出て全く起動しなくなりました。
 
携帯で調べてみると、ハードディスクを交換しなければならない状態と、初期化で何とかなる場合があるらしく、何とか初期化出来そうな感じでしたので、結局初期化することにしました。
 
データは、ポータブルハードに入れてて、ほかに自動同期ソフトで外付けハード2台に同期してありますので、大丈夫なのですが、メールなど、そのソフト独自に保存してあるものは全部消えてしまいます。
 
メールの保存してないものは消えてしまいまして、一応、バックアップでメールを保存しましたが、ちゃんと復旧できるかどうか。。
 
こうなる前には長江が出る場合があるらしく、自の場合、マウスか動かなくなったりソフトが固まったりすることが頻繁に起きてました。
 
何とか初期化終わって、動き出しまして、とりあえずネットの接続とメールの設定だけ終わりました。単語登録とかソフトの入れ直しから始めないといけません。元の環境に戻るまで何日かかかりそうで、気が遠くなりそうです。

2013-06-03pc-syokika

ネットにつながらない

昨日、いつも通りネットにつなげようとしたら「インターネットに接続されていません。」という表示が出て、全くつながらなくなりました。何回再起動してもダメ。
 
無線LANのルーターの説明書を見たり、パソコン側の設定が勝手に変わったのかと思ってさんざんいじってみましたが、結果は同じ。
 
ルーターの電源を一回切って入れ直してみようと、ルーターを見ると、普段はついているランプがついてない。あれ?と思ったらルーターの電源コードが抜けてました。
 
そういえば、さっきここをモップで掃除した時に、機械やコードのあたりをモップでバサバサバサッと、結構強く払ったので、その時モップでコードを抜いてしまったようです。LANケーブルの下の、細い電源コード。
コード刺したら直りました。
 
相当焦りましたが、原因が分かると馬鹿馬鹿しいです。2時間も損しました。

2013-06-01router

サブコンテンツ

このページの先頭へ