初期のEMSマシンの副作用の記事

パッドを当てて電気の刺激で筋肉を運動させる、いわゆるEMSマシンは様々な種類のものが販売されていますが、自分が持っているのは一番初期の頃に発売された「アブトロニック」というものです。2002年に買ったもので今でも時々使ってます。腰痛の時にも使ってます。これが日本に初めて登場したEMSマシンだったような気がしますが。。
 
2002年当時、まだこのマシンが日本に登場して間もない頃は、本当に効果があるのかどうかと、すごい話題になり、いろんなメディアに取り上げられました。その中で週刊文春が「副作用について」という記事を載せたことがあります。
 
本自体はもう手元にありませんが、以下は、当時の掲示板に投稿した自分の文書です。2002年ですから、今から11年前の記事です。
 
――――――――
Res:吉田(865) 投稿日 : 2002年4月20日<土>00時24分
○○さん。そのページ(ネット上の文春の広告)だけ見てきました。文春はこっちでは明日発売らしいです。
「米国食品医薬品局も警告! 80万台バカ売れ・腹筋ダイエット器具アブトロニックに重大副作用」ってタイトルですね。何が書いてあるんだろう? 
――――――――
Res:吉田(014) 投稿日 : 2002年4月21日<日>00時53分
 
買ってみました、文春。全部で3ページほどの記事です。4ヶ月で80万台売れてるとか。ずげぇな。。全部は写し切れませんが、だいたいの要点だけ。
 
その副作用というのは、「腹部に長時間使用すると、内蔵を刺激して、下痢や吐き気、女性は失禁などの症状が出ることがあります。また、出力の上げ過ぎによって低温やけどの可能性もあります」というものでした。
 
更に筋発達のことについても触れられていましたが、
「電気の刺激によって人間の筋力が通常の30%アップするということはこれまでの研究結果からはっきりしています。
ですが、それはかなり強い刺激を与え、我慢の限界までやらないと筋力のアップは期待できません。いつでもどこでもお気軽に巻いている状態では筋発達は期待できないでしょう。」ということらしいです。
 
しめくくりとして「楽して痩せるのは無理です。運動して、なおかつひもじい思いをしなければ痩せません。」となってます。なるほど。
――――<ここまで>
 
ネットで調べましたら、確かにそういった可能性はあるということで、心臓に不安のある人、あるいは病気の時や、皮膚に炎症やかゆみがある時、生理中のお腹まわりなどには使用しないように、とのことでしたが、マシンに限らず、人間の身体に作用するものは全て、「人によってはこういった可能性があるので注意が必要です。」というのは共通の注意書きであって、タイトルに「警告!」や「重大副作用」という言葉を入れるのは、今思えば不安をあおって、発行部数をかなり意識した記事の書き方だったのでは?という気はします。
健康である人が使用することに関しては、ほとんど問題ないような気はするんですが。

2013-04-25abtronic

身ぐるみはがされた

自分の友人で、海辺の家に1人暮らししてる男がいるんですが、その人から聞いた話。
ある夜、それも夜中の3時ごろ、ドアをドンドンと激しく叩く音が聞こえてきて、「助けてくれーっ!助けてくれー!」と叫び声が聞こえる。
 
びっくりして戸を開けてみると、そこには全裸の中年男が1人立ってました。見事にパンツさえはいてない。
 
「どしたんですかー!何やってんですか、そんな格好で!」と聞くと、
「身ぐるみはがされたんじゃー!多分、密航者の奴らじゃ!全部盗られてしもうたーっ!あんた、早よう、警察に電話してくれー!」と泣き叫ぶ。
 
それからすぐに警察には電話しましたが、警察が来る間、二人で武器持って部屋の中で構えてたらしいです。しかし密航者か強盗か知らないが、パンツまではぎとるとは。
 
夜中にすっ裸の男が訪ねてきたら、普通びっくりします。女の子の1人暮らしだったら、別の意味で警察を呼ばれていたでしょう。

ジムにある脚のマシン

ジムにある脚のマシンで、正式名称は分かりませんが「PARA MOUNT」と書いてあります。自分は片方5kgしかつけてませんが、それでもきついです。ですが、他の人は片方10kgや15kgつけてやってます。
 
以前、広島にいた時に行ってた市営のトレーニングルームには女の子も結構いたせいか「大きな叫び声は出さないようにしましょう」と張り紙がしてある所もありましたが、ここのジムは男ばかりのせいか、絶叫し放題で、すでに叫び声がBGMと化してます。気合入ってますね。

2013-04-21kudamatsu-total-leg

ビルダー探しのメール

こういったメールが来ました。(一部抜粋)
―――――――
この度はホームページを見てご連絡させていただきました。私は、都内でCM制作などを行う○○株式会社のプロデューサー○○と申します。
 
今月○月○○日(日)に、老人ホーム用のCMの撮影がございまして、ボディビルをやっている70歳以上の男性を探しています。なかなか条件の合う方は見つからず、◯◯様にご相談した次第です。
 
今回のCMは、媒体はYoutubeで、口コミを狙ったものであり、今後需要が増える介護施設や老人ホーム選びを間違える人がいないよう正しい老人ホーム選びを推進する非常に有意義なCMです。
 
もし、お知り合いにそういった方がいらっしゃれば、アドバイスをいただけないでしょうか?
―――――――

個人的に広島トレーニングセンターの金澤利翼さんを推薦しておきました。昨年の日本マスターズ75歳以上の部の優勝者ですし、テレビ慣れしてますし(^_^;)。
 
他の方であれば、ということで去年の日本マスターズの70、75歳の部の自分のページと、連絡先を調べるには日本ボディビル連盟の「名簿」の欄からたどっていけばいいのではないでしょうかと返事をしました。

詐欺に遭った昔話

10年くらい前のことですが、メルマガで見つけた自給2000円のバイトに申し込んだことがあります。
 
そのバイトというのが、ある会社が独自に開発したソフトの使い方を、購入者たちにチャットで教えるという、インストラクターのような仕事なのですが、向こうの会社が言うには
 
「まず、人に教えるためには、あなた自身がそのソフトの使い方をマスターしなければなりません。そのためにそのソフトをまずは購入していただきます。その後研修に入ります。」
というものでした。それで、その料金が3万。
 
ちなみに送ってきたソフトをインストールしてみると、住所録のデータベースのソフトでした。
 
その後、金を振り込んでメール送ってもなんの音沙汰もなし。もしやと思い「悪徳サーチ」というサイトで調べたら、その会社名が何件もヒットしました。
 
全部同じパターンで、金を振り込んでも連絡なし。電話をかけるとつながらないか、わけの分からない留守番が出て、この会社は移転しますので、移転作業が終わりましたらご連絡します。」という返事。
 
それで結局そのままになりました。要するに、安易にこういうものに手を出さない方がいいということですね。

ジムの忘れ物

ずいぶん前のことですが、いつも月曜日に行ってるトレーニングジムで、そこには壁に会員のパワーベルトをかける一角があって、何本もベルトがかかっているのですが、その中に自分が持ってるベルトとそっくりのものがかかってました。
 
「おっ、これ、自分の持ってるのと同じじゃん!」と思って、誰のかと思い、名前が書いてあるかもと、手にとって見てみると、それは自分の物でした。自分でマジックで書いた「吉田」と言う文字がしっかりと入ってました。
 
前回ここに来た時に、ベルトを忘れて帰ってたことに、その時点で初めて気づきました。その日はベルト使わない日でしたし、いつもカバンの中に荷物入れっぱなしなので。会長が片付けてくれてたんですね。
 
結局、誰のかと思ったら自分のでした。手に取ってみなかったら、また忘れて帰ってたでしょう。

会社でのアルコール検査にかからないための自分の基準

2013-04-13alcohol-kensa01自分の会社は、毎日出勤した時にアルコール検査があります。点呼の時に一人ずつアルコール検知器に息を吐きます。そこでアルコールが検出された場合、その人はその場で解雇になります。

ただ、反応が出た全ての人が解雇になるというのではなく、会社まで歩いて出勤してきた人は「今日は帰りなさい。」と言われるだけなのですが、会社まで自家用車で来て、会社でアルコール反応が出たということは、すでに「飲酒運転をして来た」ということになるので解雇になるのです。すでに30数人解雇になってます。

自分も入社の時、この話を聞いてすぐに会社で導入されているものと同じアルコール検知器を買いました。それと、料理で使う計量カップも買いに行きました。

自分は毎日寝る前に焼酎を飲んでますので、どれくらいの量を飲んで、起きる時間のどれくらい前に飲み終われば、起きた時アルコール検知器でゼロになっているのかを、毎日少しずつ量を増やして数日かけて検証してみました。

その結果、ほぼ確実にゼロになるのは、25度の焼酎350ccを、起きる時間の6時間前までに飲み終えれば大丈夫だろうという基準に落ち着きました。
2013-04-13alcohol-kensa02
ただしこれは、会社のアルコール検知器が数字ではなく、段階の光で表示されるタイプだから、これで計って一番下のOKのところが光るのであって、デジタル式の正確な数字が出るタイプであれば、ある程度の数字が出るのかも知れません。

上記の基準で起きてご飯を食べてお茶を飲んで計ったら、いつも一番下の「検知しない」部分が光ります。ただしこれは自分だけの体の基準なので誰にでも当てはまるというものではありません。

休みの前日は普段よりも大量に飲んでますが、それでも二日酔いにならないための自分の基準は、25度の焼酎670ccで11時間睡眠です。

計量カップで計るようになってからは、これに慣れて、実家に帰省した時でも計量カップを持って帰って計って飲む癖がついてしまいました。今では酒は計って飲まないと不安になるくらいです。ですから外に飲みに出る時は休みの前日だけです。

ですがここ数年間は、出勤時の検査で解雇になったという話は聞きませんので、それなりに全員が気をつけているようです。

自分は一応、今の会社で運行管理者をしていまして、運行管理者の資格を持っている者は、一定期間に一度、国の定める研修を受けなくてはなりません。そしてその研修は一日の終わりに試験のようなものがありまして、前回受けた研修の時、その問題の一つに

「社員が出勤時にアルコール検知器で反応が出たが、酒気帯び運転の基準以下だった。このまま出庫させても良いか」

という問題が出ました。

確かにその程度なら仮に警察に検査されても違反にはなりません。ですが、この問題の答えは×だそうです。
運行管理者として、その者が完全にアルコールゼロの状態になっていないと、営業車で会社を出させてはならないということです。

市販されているアルコール検知器は、段階的な光で表すものもあれば、きっちりデジタルで数字が出るものもあります。どのタイプを会社で採用するかはその会社の自由・・かと思ってましたら、これもちょっと違うようです。

自分が今の会社に入る前にいた以前の会社は、運転を業務とする会社でしたが、とある社員が勤務中に酒を飲んでいて、社用車で飲酒運転で捕まったことがあります。それで陸運局とか労働基準監督署とか警察とか色々来まして、様々な監査が入ったことがありました。

何でもその捕まった社員、夜の勤務中に社用車を店の近くに停め、スナックに入って飲んでるところを、その店のお客が警察に通報して、その社員が、店を出た後、社用車を運転して発進して行ったところを捕まったのだとか。

それでその会社のアルコール検知器は、きっちりデジタルで数字が出て、なおかつスーパーのレジのようなレシートが印刷されて出てくる機械にするように指導されたということです。その出たレシートを全社員が毎日、日報につけて提出するようになりました。

しかもアルコール検査は出勤の時と、業務が終わった時と、2回しなくてはならなくなりました。業務が終わった時にアルコール検査をするのは、仕事中に酒を飲む人がいるためです。1日中、シラフで運転してました、という証明ですね。

一度、仕事中に飲酒運転で捕まった社員がいると、行政機関から会社全体が厳しく監視されるようになるようです。一人の社員が起こした問題は、その本人だけではなく、会社全体に関わってきます。

今日のベンチプレス

日曜日に山口県・下松トレーニングジムに、月曜日にトレーニングジムホウルサムに行ってまして、こちらはホウルサムでの写真です。いつもここでは胸だけやってます。
 
15年くらい行ってますが、設備はそのままなので、15年間このベンチを使ってます。今日の最後は100kg×8、80kg×21でした。一年くらい回数変わらずで、向上してないです。

2013-04-15hourusam-benchpress

73 / 73« 先頭...102030...6970717273
サブコンテンツ

このページの先頭へ